スプラッター映画界の殺人鬼ジェイソン(ケイン・ホッダー)が火傷で死にそうになったことを知っていますか?

The following two tabs change content below.
ryuta

ryuta

ナイトメアプロダクション最高執行責任者COO
●出演歴 ●
サンヨー信販
ポケットバンク CF
おもいっきりイイ!!テレビ
恋を捨て夢に駆けた女~エド・はるみ物語~
日本史サスペンス劇場 ~東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP~
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ザ!世界仰天ニュース
大洋薬品 CF
清水翔太PV 
2020年 サイコアクションスリラー「Black Sheep 黒い羊」主演デビュー
●data●
生年月日/ 1991年10月28日
血液型 / O型
座右の銘 / 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
特技 / 教育カウンセリング 護身術開発 お化け屋敷開発 テーマパークコンサル マーケティングコンサル
趣味 / ホラーとアクション映画を観ること 格闘技を見ること テーマパークに行くこと 絶叫マシンに乗ること

殺人鬼ジェイソン中身(ケイン・ホッダー)に迫る『地獄への帰還:ケイン・ホッダー物語』は、ドキュメンタリーとファン垂涎の微妙なラインをまたいで、スタントマン/スプラッター映画界の怪物ケイン・ホッダーの仮面の裏側を描いている。

物語の真髄は約20分後、1987年にジェイソン役を獲得した経緯を語った後、1977年にさかのぼり、地元の記者のために火事のスタントをしていた時に、ホッダーが重度の火傷を負ったことを知ることになります。

ここでこの映画はあなたの心を掴み、物事が超感情的になる。 ホッダーは耐え難い痛みと外見上の障害を経験しなければならなかっただけでなく、病院での “アフターケア “は、4ヶ月間の誤った治療で構成されており、サンフランシスコの熱傷治療室に紹介されていなければ、彼は死にかけていたのです。

ジェイソン役の男が火事で死にそうになったことを知っていますか?”というフックは、あらゆる地獄を耐え抜いた純粋なサバイバーの物語を簡単に後回しにしてしまいます。

ホッダーはまだトラウマを心に抱えており、精神的には自由ではないが、典型的なホラー界の有名人のプロフィールを超えて、感動的で意味のあるものへと昇華させています。

(視聴者は、ホッダーが事故の後遺症を説明したり、妻や家族に会ったり、俳優がファンの大切さを強調したりして、少し息苦しくなるかもしれません。 )

殺人鬼ジェイソン(ケイン・ホッダー)に迫る『地獄への帰還:ケイン・ホッダー物語』はまさに…今年のベスト・ドキュメンタリー

スプラッター映画の常連アクター「ケイン・ホッダー」といえば、スクリーンの中で誰よりも多くの人を(少なくとも素手で、銃器を使わずに)●してきた、伝説のホラーアイコン、ジェイソン・ボーヒーズを思い浮かべる人が多いと思いますが、それを知っているかどうかは別として、彼はホッケーマスクのスラッシャーを演じた唯一の俳優です。 彼はホッケーマスクをかぶったスラッシャー殺人鬼を4回も演じています。 彼はまた、多くの人々のお気に入りのジェイソンでもあります。

何人かの評論家は、彼を「史上誰よりも多くの人を映画の中で●した男」と評していますが、これはかなりの快挙です。

多くの人の心の中には、ジェイソン・ボービーズといえば、ケイン・フリック・ホッダーしかいないのではないでしょうか?

ケインは有名人で大金持ちだ。彼は、需要があり プロで99. 99%の俳優が欲しがるような経歴を持っている 。

しかし、この俳優/スタントマン/ホラーファンに愛されている彼についての新しいドキュメンタリーは、彼が自身の人生で耐えてきた相当な苦しみを明らかにしています。

彼の物語が時系列で語られることで、彼自身が早くから経験してきた傷を知ることができます。

驚くべき事実がある。 いじめられっ子だったということです。 予想もしなかったが、彼の辛い過去を語ってくれたのは良いことだ。 ああ、これからもっと苦しいことがある。もっとたくさん。

彼の青年期に入り、映画への愛を発見し、映画を作ることを決意していく。 そしてスタントマンになり、キャリアの早い段階で事故に遭い、人生を終えるところでした。

これはホッダーの悪名高い火傷事件ですが、映画では初めてその真相が語られます。

ホッダーがそれらの悲劇を回想する姿を目の当たりにした時には、ある時は心が折れそうになり、カメラの電源を切ってほしいとお願いしていました。

ホッダーはまた、火傷の傷跡があるため、最初の『エルム街の悪夢』でクルーガーを演じる初期の候補だったことを明かしています。

この状況に対する彼の後悔は伝わってくるが、哀愁漂う音楽が流れる中、ホッダーが指の間の汚れを落としていくショットは少しやり過ぎである。

しかし、『地獄への帰還:ケイン・ホッダー物語』では、ホラーやスタントワークの分野での彼の多くの功績を記録しており、その中には一度も骨折したことがないことや、そのような傷を自慢げに語るスタントマンたちを揶揄している。

ケイン・ホッダー・ストーリー』は、伝説の人物の心の中を垣間見ることができるでしょう。 彼の言葉を直接聞くことができます。笑うことを保証します。泣くこともあるでしょう。

こんなに愛おしくて、激しくて、心に響く作品になるとは思っていませんでした。 僕を最も惹きつけたのは、ケイン・ホッダーが自分の歴史と個人的なトラウマについてどれだけ心を開いたかということです。

彼がその話をするのを聞いて妻は涙を流していた。 彼がそこから復帰して、スタントマンとしてのキャリアを続け、信じられないことに、生活のために自分自身に火をつけることに戻ってきたという事実は、本当にすごいことだと思います。 まさに地獄への帰還!

僕は28歳の大人ですが、言わせてください。 ドキュメンタリーのこの部分で涙が出た。

僕は彼が涙目になるのを見る準備ができていませんでした。 それは僕を油断させた予期せぬ、感情的なパンチだった。

ジェイソン役のホッダーを感情や痛みを持った生きている、呼吸している人間として見せることは、彼のブランドを傷つけることになるのではないかと思ったのです。

しかし、僕は間違っていました。 ホッダー氏の人物像に深みを持たせることで、僕は彼をより尊敬するようになったのです。 傷は克服した苦難の証でホッダーは生き残っただけでなく、成長したんだ!

もちろん、この長編映画は彼の人生の個人的、肉体的なピークと谷間を記録していますが、彼の武勇伝も提供しています。

10代の頃の長髪のケインの写真を見た後、彼が友人を楽しませたり、スリルを味わったりするためにどんなことをしていたのかを聞くと、ユーモラスな気持ちになりました。

(ハーバートのカメラは、10代のホダーが友人たちを興奮させるためにクレイジーなスタントをしたことがあるハワイのホテルの上層階のバルコニーまで彼を追いかける。)

彼はそれが自分の運命であることを常に知っていましたが、そのエネルギーを流す方法を見つける必要がありました。

そのチャンスが訪れたのは、彼が初めて映画の役を手に入れた時だった。 『地獄への帰還:ケイン・ホッダー物語』のクリップにあるように、ケインの最初の仕事は、ジョージ・シーガル監督のドラマコメディ『ジャッット』のエキストラだった。

レニー・ハーリンの刑務所の話や、スタントマンとしてのケインの継続的な仕事の話を聞くことができ、13日の金曜日まで続きます。

ジェイソンとしての最初のシーンは? ジェイソンとして撮影したお気に入りのシーンは? などなど、このドキュメンタリーではそのすべてに答えています。

しかし、ここで彼のキャリアは、フレディ対ジェイソンの撮影が始まる前に他の俳優と入れ替わってしまったことについての詳細を掘り下げています。

苦労や映画の役はさておき、『ケイン・ホダー・ストーリー』では、カメラに映っていない時のケインの姿も描かれています。 彼は面白い。 優しい。 プロで完璧主義者。 彼のユーモアのセンスは特に『ハチェット』の撮影現場での彼の悪ふざけやイタズラが描かれている部分で輝いています。

そして、何が良いのでしょうか? ケインはこのジャンルを信じている。 そのジャンルを楽しんでいる。 年に何十本ものホラー映画に出演しているのは、彼がホラー映画を愛しているからであり、給料のためだけではない。 彼はファンに会うのが好きで、彼に首を絞められたいというファンの願望に興奮している。

彼は家族を愛している。 ケインに妻と息子がいるとは一瞬たりとも思ったことはなかった。 僕はいつも彼をジェイソン・ボーヒーズとして見ていたし、微妙なコメディアンや家族を愛する男としては見ていなかった。

『地獄への帰還:ケイン・ホッダー物語』はとても重要なのです。 彼を俳優以上の存在として、ホラー伝説以上の存在として描いています。

一人の人間として、本物の人間なのです。 ドキュメンタリーはまた、『モンスター』(2003年)に出演していた時期についてのセグメントで見られるように、より複雑な役に挑戦したいという彼の願望にも焦点を当てています。 今後に期待したい。

『ケイン・ホッダーストーリー』ではスプラッターホラー映画界の著名人が登場します。

Masterfully Macabre EntertainmentとFour Js Productionsが制作した本作は、「ケイン・ホッダー・ストーリー」と題して、スプラッターホラージャンルの最も著名な顔ぶれがVHSの棚を探し回り、ホッダーの物語を解説してくれます。

ロバート・エングランド、カサンドラ・ピーターソン、アダム・グリーン、ブルース・キャンベル、ジョン・ビューラー、ショーン・S・カニンガム、マイケル・アロシジ。 ロバート・エングルンド、カサンドラ・ピーターソン、アダム・グリーン、ブルース・キャンベル、ジョン・ビューラー、ショーン・S・カニンガム、マイケル・アロイジ、ジャック・コールマン、ザック・ガリガン、ローリー・オルティス、ダニエル・ハリス、シド・ハイグ、ビル・モーズリー、アダム・リフキン、ハリソン・スミス、フェリッサ・ローズ、テッド・ホワイト、リック・マッカラムがケインを応援するために登場し、撮影現場での彼との時間、ファンにとっての彼の魅力、そして業界から離れての生の話などを語っています。

(核となる物語の心臓部の鼓動は1時間ほどで終わり、残りの部分はおそらくファンのためだけに残されている。)

ABOUTこの記事をかいた人

ryuta

ナイトメアプロダクション最高執行責任者COO
●出演歴 ●
サンヨー信販
ポケットバンク CF
おもいっきりイイ!!テレビ
恋を捨て夢に駆けた女~エド・はるみ物語~
日本史サスペンス劇場 ~東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP~
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ザ!世界仰天ニュース
大洋薬品 CF
清水翔太PV 
2020年 サイコアクションスリラー「Black Sheep 黒い羊」主演デビュー
●data●
生年月日/ 1991年10月28日
血液型 / O型
座右の銘 / 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
特技 / 教育カウンセリング 護身術開発 お化け屋敷開発 テーマパークコンサル マーケティングコンサル
趣味 / ホラーとアクション映画を観ること 格闘技を見ること テーマパークに行くこと 絶叫マシンに乗ること