映画『テリファー』は、昔ながらのゴリゴリのサイコ・ピエロ・スプラッター映画が好きな人にはたまらない作品だと思います。

The following two tabs change content below.
ryuta

ryuta

ナイトメアプロダクション最高執行責任者COO
●出演歴 ●
サンヨー信販
ポケットバンク CF
おもいっきりイイ!!テレビ
恋を捨て夢に駆けた女~エド・はるみ物語~
日本史サスペンス劇場 ~東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP~
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ザ!世界仰天ニュース
大洋薬品 CF
清水翔太PV 
2020年 サイコアクションスリラー「Black Sheep 黒い羊」主演デビュー
●data●
生年月日/ 1991年10月28日
血液型 / O型
座右の銘 / 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
特技 / 教育カウンセリング 護身術開発 お化け屋敷開発 テーマパークコンサル マーケティングコンサル
趣味 / ホラーとアクション映画を観ること 格闘技を見ること テーマパークに行くこと 絶叫マシンに乗ること

80’sスラッシャー・フリックが
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

80年代風スラッシャーが好き? この映画をチェックしてください!

ダミアン・レオーネが脚本と監督を務め、デビッド・ハワード・ソーントンがピエロ役で出演しています。

アート・ザ・ピエロは、80年代のスラッシャーの敵役に必要なすべてを与えてくれるでしょう。

あなたが80年代のスラッシャーを愛するならば、これはあなたのための映画です。

スプラッター映画『テリファー』は、スマートであったり、風刺的であったり、ポストモダンであったりすることには全く興味がなく、ただ、その意地悪でゴリゴリしたグラインドハウスの心を袖に纏いたいだけな作品です。

僕が収集したところによると、この監督は、様々な短編映画やアンソロジー映画を通して、何年にもわたってこの「道化師の芸術」を実現させようとしてきたようで、ダミアン・レオーネ監督は『テリファー』でゴアショー体験を作ろうと試みましたが、それが見事にスクリーンに映し出されています。

ダミアン・レオーネは、リアルな効果を愛しており、すべての●体は本当にボディであり、それを見ているとわかります。

スプラッター映画『テリファー』は、史上最高に血なまぐさいミュートキラーのピエロ映画であります!

テリファー』は、『悪魔のいけにえ』や『リターン・オブ・ザ・リビングデッド』のように何度も鑑賞するのだろうか? おそらくないだろう。

しかし、『テリファー』は、やろうとしていた仕事を放棄せずきちんとこなしていたし、馬鹿げたことはしていなかった。

それは本当に不気味な悪役と、非常によくできた、信じられないほど残忍なゴア効果でそれを補っています。

演技も申し分ない。 何も驚くようなことはないが、それは完全に受け入れられる。 最近の低予算ホラーよりもずっといい。

ピエロ映画『テリファー』はこのジャンルに革命を起こすような映画ではありませんが、人々を恐怖に陥れる古き良き時代への楽しいスローバック。70年代のグランジ・ホラーへのオマージュのようなものだと思います。

ピエロスプラッター映画『テリファー』 は、90分間のスプラッターかくれんぼを見ているようなもの

アート・ザ・ピエロは素晴らしく、僕が見た中で最も記憶に残るピエロの一人であり、彼は決して喋らないし、騒がないという事実にもかかわらず、彼のスクリーンの存在感は計り知れない。

この映画にはCGIはなく、すべての特殊効果は実用的に行われていますのでエフェクトチームは偉大です。

スピルバーグの映画ようなプロットは期待しないでください。

この映画は真っ当なスラッシャーであり、スピルバーグなようなアドベンチャーなプロットが必要な人には向いていないが、『テリファー』 のプロットは、水を吸う花のように独創的で、登場人物たちが怪しげな決断をして、必然的に彼らをさらに危険にさらす(昔からのお気に入りである、チャンスが与えられたときに悪役を仕留めないことも含めて)が、この映画を作るのはゴアであり、アートは様々な道具をうまく利用しているのだ。

また、少しでも不安があるならば、この映画は絶対に避けた方がいい。 これほど独創的な殺●シーンはめったに見られず、胃が痛くなるか、その残忍さに歓喜するかのどちらかだ。

熱心なゴア猟犬を喜ばせることは保証されています。

ピエロ映画『テリファー』は、他のどのピエロ映画よりも本当に良い。ピエロ恐怖症の方はぜひ見てください!

俳優陣は全員しっかりしていて、脚本は合理的で、ノンストップのハイパーリアリスティックな血とゴアが本当に効いていて、ピエロは無言であるにもかかわらず、実際には怖くて妙に面白いキャラクターで、彼は予測不可能だ。 臆面もなく 、怪我をしても完全に沈黙。本当に恐ろしい!驚くほどのピエロ芸人だ!オモチャの袋を持っていて、犠牲者を出すためなら何でも使います。

死のシーンは独創的で「うっ」と思わず声が出てしまうほどで、照明と演出は完璧で、映画全体を通してハイペースです。 他に何を言わせたいのかわからないが、これは本当に最高のスラッシャー映画であり、最高のピエロ映画であり、最高のホラー映画である。 いくつかのゴリゴリしたシーンはかなりクレイジーだったし、彼らは本当にこの1つの限界を押し広げたように感じました。

僕は製作とは何の関係もありませんし、僕は鼻につくことが多いように見えますが、一般的なホラー映画に少しでも興味がある人ならば、誰でも感動するはずです。 これは大げさな言い方ではない。 文字通り、血の通った良い映画なのです。全体が非常にグラインドハウスのような雰囲気を持っています。

この映画は教科書的な素晴らしいスラッシャー映画であり、このキャラクターとダミアン・レオーネ監督の今後の作品をもっとたくさん見たいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

ryuta

ナイトメアプロダクション最高執行責任者COO
●出演歴 ●
サンヨー信販
ポケットバンク CF
おもいっきりイイ!!テレビ
恋を捨て夢に駆けた女~エド・はるみ物語~
日本史サスペンス劇場 ~東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP~
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ザ!世界仰天ニュース
大洋薬品 CF
清水翔太PV 
2020年 サイコアクションスリラー「Black Sheep 黒い羊」主演デビュー
●data●
生年月日/ 1991年10月28日
血液型 / O型
座右の銘 / 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
特技 / 教育カウンセリング 護身術開発 お化け屋敷開発 テーマパークコンサル マーケティングコンサル
趣味 / ホラーとアクション映画を観ること 格闘技を見ること テーマパークに行くこと 絶叫マシンに乗ること