エド・ゲインを描いた最高の実話映画の一つ!そうだ!この地球上のすべてのホラーファンが見るべきスプラッター映画である!

The following two tabs change content below.
ryuta

ryuta

ナイトメアプロダクション最高執行責任者COO
●出演歴 ●
サンヨー信販
ポケットバンク CF
おもいっきりイイ!!テレビ
恋を捨て夢に駆けた女~エド・はるみ物語~
日本史サスペンス劇場 ~東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP~
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ザ!世界仰天ニュース
大洋薬品 CF
清水翔太PV 
2020年 サイコアクションスリラー「Black Sheep 黒い羊」主演デビュー
●data●
生年月日/ 1991年10月28日
血液型 / O型
座右の銘 / 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
特技 / 教育カウンセリング 護身術開発 お化け屋敷開発 テーマパークコンサル マーケティングコンサル
趣味 / ホラーとアクション映画を観ること 格闘技を見ること テーマパークに行くこと 絶叫マシンに乗ること
ディレンジド/人肉工房 [DVD]

実話スプラッター「ディレンジド 人肉工房」は当時の他の低予算ホラー映画のような名声はないかもしれないが、低予算ホラーの歴史に名を残すに値する傑作ホラー映画であることには変わりない。

この映画の男は、どんな架空のホラーキャラクターよりもクレイジーで、はるかに危険な男だったので、恐ろしい物語を作ろうとするインディペンデント映画製作者にとっては、ほぼ無限のインスピレーションの源にもなると思います。

エド・ゲインを題材にした実話スプラッター映画に興味がある人には必見です。

50年代に逮捕されたウィスコンシン州の殺人鬼、エド・ゲインの活動を部分的に基にしたもので、エドゲインは、死んだ女性の皮を着ていたという●霊愛好家であることを自認しており、多くの悪名高いホラー映画、特に「サイコ」や「悪魔のいけにえ」のインスピレーションとなった。

スプラッター映画『ディレンジド 人肉工房』は、同じ年に公開された『悪魔のいけにえ』と同じ年に公開されたという不幸な結果になってしまったが、『サイコ』と『悪魔のいけにえ』の間に挟まれた本作は、実際にはかなり事実に近い形で描かれています。

エズラ・コブはエド・ゲインのメディア・ペルソナであり、『悪魔のいけにえ』や『サイコ』よりもはるかに正確に描かれています。忠実に再現したことを称賛したい。

多くの作品がエド・ゲインの話を鵜呑みにして、それに様々な要素を加えたり、あるいは一粒だけを取り込んで暴走したりする(『悪魔のいけにえ』や『羊たちの沈黙』のように)。

また、レポーターが画面に入ってきて、画面上で起こっていることをナレーションするという、ドキュメンタリーのような雰囲気さえあります。

これは、この映画のストーリーテリングに素晴らしい付加価値を与えている。

(低予算で撮影されているため、ドキュメンタリー映画のようなギトギト感がある。)

実話スプラッター映画『ディレンジド 人肉工房』あらすじ

ディレンジド/人肉工房 [DVD]

“ウッドサイドの肉屋” エズラは何年もの間、ベッドに寝たきりの母親の世話をしていました。

母が脳卒中で腰が麻痺してから、エズラは母を一階に連れてきて、母に近づけるように二階を閉めました。

12年間、彼は母の玄関先で寝ていました。 彼女に食事を与え、風呂に入れ、本を読み聞かせ、慰めながら待っていました。

隣人にとって彼は献身的な息子だった。 しかし、その献身は、母親の死をきっかけに表面化した成長期の精神病を増長させた!

エズラは、母親を一人にしてしまったと思っている。 エズラは母親の死を受け入れられず 週に4,5回は墓参りをし、母の夢を見、母に手紙を書く。 母がいないと完全に失われ、孤独を感じる。 彼の孤独と絶望!

ある夜、寝ている間にコブは、母親が墓から掘り起こしてほしいと言っている夢を見る。 コブはちょうどそれを行います。

エズラは母親を掘り起こし、魚の皮とワックスで母親の体をくっつけてしまう。食事を与え、風呂に入れ、本を読み聞かせ、慰めていました。

(彼女がまだ生きていたかのように彼女に話しかけます。)

しかし、母が腐り続け、朽ちていく中で、エズは母の皮膚を入れ替えなければならないことに気づく。

やがてエズラは、彼女が孤独にならないように、彼は最近亡くなった寮母たちの●体を家に持ち帰り、彼女と一緒に過ごすことにします。

また、家の周りの楽器に特定の骨を使っています。

(コブの家は●体や身体の一部で飾られており、セットをよく研究すると、ゲインの不気味な手仕事の多くが参照されていることがわかります。)

エズラはその後、地元のバーや角店で若い女性たちを襲うことにした。

芸術作品?実録犯罪暴露? それともエド・ゲインのオマージュ?

ディレンジド/人肉工房 [DVD]

『サイコ』のノーマン・ベイツ監督から連想される “母親コンプレックス “が、この映画では存分に発揮されている。

エズラ・コブはこの映画の中では同情的なキャラクターで、彼が病気の母親の世話をして、母親が亡くなってしまうのを見ていると、彼のことを本当に気の毒に思ってしまいます。

エズラが●体を家に持ち帰り始め、彼らが生きていたことを心から信じておしゃべりをするようになると、この映画は本当に奇妙な雰囲気を醸し出しています。

死んだ母親を寝室に運ぶエズラの姿は、ほとんどの映画では見ることのできないような気持ち悪さがあります。

登場人物の不道徳な態度がこの病みに拍車をかけ、ほとんどの観客がこの映画を見て不快になることを確実にしている。

そして、この映画はほとんどが素人的に作られていますが、女性がエズラ・コブの部屋の●体を発見し、女の皮を被った彼を発見したり、映画のフィナーレで当局がコブが夕食のテーブルで血まみれの夕食を食べているのを発見したりと、本当にゾッとするような瞬間があります。

ローバート・ブロッサムがライフルを店の女の子に向けるシーンがとても好きです。

(彼はまた、むしろ哀れであり、彼は人間に知られている最も非難される行為を犯しているにもかかわらず、あなたは彼にひどく同情せずにはいられない。 )

また、この映画には、ダークな種類のものではあるが、ユーモアがないわけではない。 コブが友人たちとの夕食の席で、母親の●体も含めて地元の墓地から●体を掘り起こしてきたことを告白する場面では、客たちが大笑いしてしまうような面白いシーンがある。

しかし、これを真面目に扱うべきではないと思うが、大きな物語と矛盾しているように見える要素がいくつかある。

最も混乱を招くシナリオは、愛想の良いコブが誘拐した女性に●漢行為をし、彼女が自分の手を自由にして彼に性行為をして欲しいと彼を誘惑すると、彼女の手をほどくというもの。

コブ夫人のフラッシュバックを通して、女性は皆「ダメな女」であり、性的接触は病気や死につながるということを映画の中で思い知らされているので、コッブが降りたがっているのはあまり意味がありません。

もちろん、拉●被害者の要求は脱走を試みるための策略に過ぎず、映画の数少ないスプラッターシーンの一つを設定しているが、エズラのキャラクターについて知っていたことをすべて変えずに、この計画を行動に移すことができたのではないだろうか?

『ディレンジド 人肉工房』のロバーツ・ブロッサムの●体のような骨格と骸骨のような顔、彼のよだれを垂らした口は演技賞に値する!

ディレンジド/人肉工房 [DVD]

実話『ディレンジド 人肉工房』の最大の切り札は、紛れもなくエズラ・コブ役のベテラン俳優ロバーツ・ブロッサム(別名、1950年代に実在した温厚で温厚なママ・ボーイのエド・ゲイン)のキャスティングで、彼が本物の狂人ではないかと疑ってしまうほどの印象的で真っ直ぐな演技を見せてくれる。

(ロバーツ・ブロッサムは、『ホーム・アローン』の不気味な隣人役、マコーレ・カルキンの隣に住んでいた老人として多くの人が知っているかもしれないキャラクター俳優)

あなたが俳優を見ていることを忘れて、本当にキャラクターが何をしているかを信じている瞬間が実際にあります。

ブロッサムは僕のためにそれをした。 まるで実在の人物を見ているかのようだった。 態度、表情、声、表情、表情、行動などが本物のように見えるのです。

ロバーツ・ブロッサムは、エルマー・ファッドのような容姿と衣装、そして彼は目が本当に不気味です。

もしあなたが実際の生活の中で彼に会ったら、真顔で彼を見ることができないだろうと思うほど良いです。 他の俳優の演技も良いが、ブロッサムが主演でなければ、この映画はこれほど良いものにはならなかっただろう。

スプラッターメイクアップ界のレジェンド、トム・サヴィーニがメイクアップアーティストを務め、本作がデビュー作となった。

『ディレンジド 人肉工房』は、トム・サヴィーニによる初期のエフェクト作品によって補完されています。

サヴィーニは限られた予算の中で仕事をしなければならなかったため、これらの効果はやや不均一である。血は明らかに赤いペンキで塗られている。

しかし、この映画のノーカット版では、彼の特撮をさらに見ることができる。

ノーカット版で一番衝撃的だったのは、エズラ・コブが母親を掘り出して、既にぐちゃぐちゃになった安っぽい体の腕に抱くシーンで、吐きそうになりましたが、有名なカットシーン(DVDにボーナスで収録されていた)で、切断された●をノコギリで切り、中のゼリー状の物質(死後に崩れた脳)をスプーンで取り除くシーンに比べれば、ほとんど何もありませんでした!今回は、本当に逃げられました。

あなたがある種類の胃腸障害を持っている場合は、あなたが近くに大きな空のバケツを持っていない限り、それを見てはいけません!あなたはそれを見ています。

また、友達が『ディレンジド 人肉工房』のコピーを持っていたので、「いい映画だね、精神病になりそうだね」と言ったら、「いい映画だけど、気分を害しやすい人は見るなよ」と言ってくれた。

そのお誘いのコメントを聞いて、僕は「ディレンジド 人肉工房」の表紙の邪悪な顔のエズラ・コブがニヤニヤしているのを見てみたくなったが、どうやらDVDは紛失していて、最近ゴミ箱で発見された。で、この映画を見ました。

友達は画質と音声が悪いって言ってたんで、僕は言ったんだけど、1974年に作られたもので、TCMと同じで、粒状感があって、プリントが擦り切れていて不気味だった。 筋書きは明かさないが、主演のロバーツ・ブロッサムが演技をしているのか、それとも気が狂っているだけなのかは分からなかったと言いたい。 低予算の粒状のホラーとしては10点満点中9点。

ABOUTこの記事をかいた人

ryuta

ナイトメアプロダクション最高執行責任者COO
●出演歴 ●
サンヨー信販
ポケットバンク CF
おもいっきりイイ!!テレビ
恋を捨て夢に駆けた女~エド・はるみ物語~
日本史サスペンス劇場 ~東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP~
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ザ!世界仰天ニュース
大洋薬品 CF
清水翔太PV 
2020年 サイコアクションスリラー「Black Sheep 黒い羊」主演デビュー
●data●
生年月日/ 1991年10月28日
血液型 / O型
座右の銘 / 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
特技 / 教育カウンセリング 護身術開発 お化け屋敷開発 テーマパークコンサル マーケティングコンサル
趣味 / ホラーとアクション映画を観ること 格闘技を見ること テーマパークに行くこと 絶叫マシンに乗ること