洋画『処刑教室』は、おすすめの学園バイオレンスドラマ

The following two tabs change content below.
ryuta

ryuta

ナイトメアプロダクション最高執行責任者COO
●出演歴 ●
サンヨー信販
ポケットバンク CF
おもいっきりイイ!!テレビ
恋を捨て夢に駆けた女~エド・はるみ物語~
日本史サスペンス劇場 ~東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP~
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ザ!世界仰天ニュース
大洋薬品 CF
清水翔太PV 
2020年 サイコアクションスリラー「Black Sheep 黒い羊」主演デビュー
●data●
生年月日/ 1991年10月28日
血液型 / O型
座右の銘 / 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
特技 / 教育カウンセリング 護身術開発 お化け屋敷開発 テーマパークコンサル マーケティングコンサル
趣味 / ホラーとアクション映画を観ること 格闘技を見ること テーマパークに行くこと 絶叫マシンに乗ること

洋画『処刑教室』は、おすすめの学園映画

1982年制作

おすすめ学園バイオレンス洋画『処刑教室』あらすじ

リンカーン高校に新任教師のアンディ・ノリス(ペリー・キング)が音楽教師の交代要員としてやってきた。アンディ・ノリス(ペリー・キング)は、犯罪だらけの学校で仕事を開始しする。

妊娠中の妻ダイアン(メリー・リン・ロス)と幸せに結婚生活をしていた理想主義の教師アンディ(ペリー・キングは、他の教師や生徒へのノンストップの暴行や虐待を無視することができず状況を変えようとする。

そして彼は薬物や売春を扱う暴力的なギャングのリーダーで伝説の若者ステグマン(ティモシー・ヴァン・パタ)が率いる厄介なギャングに狙われ対決することになるが、ステグマン(ティモシー・ヴァン・パッテン)を逮捕するための証拠を手に入れようとしていたアンディ・ノリス(ペリー・キング)は、優秀な生徒を集めてオーケストラを結成する。

しかし、ステグマンとそのギャングたちの反応が、アンドリューと妊娠中の妻ダイアン・ノリス(メリー・リン・ロス)を危険にさらす。

おすすめ学園洋画『処刑教室』は、未来を読み計算し尽くされた娯楽性の高いジャンクな作品

本作は、暴力的な内容のために、配給会社を得るのに大変苦労したそうだが、海外では多くの配給会社がこの映画を購入し、かなりの成功を収めました。

そして、なにより本作は観客を操作することに最高の成功を収めています。

クライマックスに至るまでのいくつかのシーンでは、本当に憂鬱な気分にさせられますが、血の滲むようなクライマックスまで、シーンごとに緊張感を持続的に高めています。

そして、アンディ・ノリス(ペリー・キング)は、応援したくなるような魅力的なペルソナを持っており、最後には、寛容な視聴者でさえも、徐々に忍耐力を失い始めが残忍な復讐劇を繰り広げるアンドリュー・ノリスを応援してしまうのです。

(私たちが得るものは、復讐につながる暴力の風刺です。アンドリュー・ノリスは教本に書かれているようなことをしようとしますが、彼は勝つことはできませんし。結果に到達するために軽蔑するものに変身しなければならないことを描いているのです。)

また、僕が期待していたのは、グロテスクでグラインドハウス的なB級映画でした。

しかし、本作はそれ以上のものです。 非常にプロフェッショナルに作られていて、スマートで、感情的です。

そして、レ●プが絡むシーンのような強烈な状況や衝撃を作り出すことは、残忍な暴力描写が必要になりますが、それにもユーモアのセンスがあり、思わずニヤリとしてしまいます。

(また、80年代初期のパンクシーンを覗くことができ、オープニングとエンディングのクレジットではアリス・クーパーの曲「アイ・アム・ザ・フューチャー」が流れています。)

映画史上最高の悪役?ティモシー・ヴァン・パタ

新任教師のアンディ・ノリス(ペリー・キング)と対峙する事になるステグマン(ティモシー・ヴァン・パタ)の演技は素晴らしいとしか言いようがありません。

ピアノの前に座り、唖然としたクラスと先生の前でマエストロのように演奏する感動的なシーンは観客を驚かせます。

(破壊的な行動にもかかわらず、見事な才能を示している)

監督のマーク・L・レスターによる警告学園洋画

監督のマーク・L・レスターがこの映画を作ったのは、ティーンエイジャーや高校での暴力が処理されていない場合に何が起こるかについての警告にしたかったからです。 しかし、残念ながら、レスター監督の警告に耳を傾ける人はいなかった。

レスターの映画は、暴力や薬が当たり前になってしまった高校や10代の社会が崩壊していく様子を大きく描いています。

この映画の中の高校は、壁一面に落書きがあり、ギャングが跋扈する戦場のような危険で怖い場所として描かれています。

1984年クラスのティーンエイジャーたちは、暴力的で制御不能で、権力者である大人たちは何もできません。

レスターは、この映画の中で描かれているよりも百倍も悪いことが、近い将来に起こることを見ていたと思います。

おすすめ学園洋画『処刑教室』の中の暴力のいくつかは大げさかもしれませんが、この映画の中の暴力のいくつかは現代で起こっていることであり、真実です。

映画が公開された当初は、高校の入り口に金属探知機があったり、警備員がいたり、パンクの描写があったりと、80年代初頭では非現実的で超暴力的だと思われ、誇張されているように見えたが、残念ながら公開の8年後には多くの高校都市で現実のものとなっています。

(脚本・監督のマーク・レスターは、この作品が世界的に大成功を収めた後、「コマンドー」の監督を任されたが、「コマンドー」ほどドラマチックにまとまりのある爆発的アクション・ドラマは他にないだろう。また、マーク・レスターは最終的に「クラス・オブ・1999」という名の続編を製作したが、ロボット教師についてのくだらないSF映画でがっかりした。 )

学園バイオレンス『処刑教室』は、気の弱い人には向かないかもしれませんが、もしあなたがパンクロックのサウンドトラックと過激なバイオレンスのB級映画が好きなら、これはあなたのためのものです。

ナイトメアリュウタ

ABOUTこの記事をかいた人

ryuta

ナイトメアプロダクション最高執行責任者COO
●出演歴 ●
サンヨー信販
ポケットバンク CF
おもいっきりイイ!!テレビ
恋を捨て夢に駆けた女~エド・はるみ物語~
日本史サスペンス劇場 ~東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP~
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ザ!世界仰天ニュース
大洋薬品 CF
清水翔太PV 
2020年 サイコアクションスリラー「Black Sheep 黒い羊」主演デビュー
●data●
生年月日/ 1991年10月28日
血液型 / O型
座右の銘 / 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
特技 / 教育カウンセリング 護身術開発 お化け屋敷開発 テーマパークコンサル マーケティングコンサル
趣味 / ホラーとアクション映画を観ること 格闘技を見ること テーマパークに行くこと 絶叫マシンに乗ること