「牛頭 gozu」ヤクザ犬!ヤクザカー!ヤクザ処理場!母乳顔面シャワー!

The following two tabs change content below.
ryuta

ryuta

ナイトメアプロダクション最高執行責任者COO
●出演歴 ●
サンヨー信販
ポケットバンク CF
おもいっきりイイ!!テレビ
恋を捨て夢に駆けた女~エド・はるみ物語~
日本史サスペンス劇場 ~東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP~
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ザ!世界仰天ニュース
大洋薬品 CF
清水翔太PV 
2020年 サイコアクションスリラー「Black Sheep 黒い羊」主演デビュー
●data●
生年月日/ 1991年10月28日
血液型 / O型
座右の銘 / 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
特技 / 教育カウンセリング 護身術開発 お化け屋敷開発 テーマパークコンサル マーケティングコンサル
趣味 / ホラーとアクション映画を観ること 格闘技を見ること テーマパークに行くこと 絶叫マシンに乗ること

牛頭 gozuは、曽根晴美が自分で資金を集めるから監督してくれないか?と三池に声を掛けて息子の曽根英樹主演に迎え「デヴィッド・リンチが仁侠モノを撮ったら?」という「ヤクザ映画」脱構築戦略を組んだ不思議の国のヤクザ!

(「子供の頃に知らない街へいった時のあの感覚」がコンセプトのカンヌに出品されたVシネ映画)

牛頭 gozu あらすじ

宇廻組の構成員南(曽根英樹)は、兄貴分の尾崎(哀川翔)をこよなく尊敬している。しかし、チワワを見ればヤクザを襲うヤクザ犬だと言い張ったりするなど、最近の尾崎には奇行が目立っていた。そんな尾崎を疎ましく思った宇廻組の組長(石橋蓮司)は、尾崎には内緒で、彼を名古屋にある「ヤクザ処理場(ヤクザの死体を持っていくと処理してくれるという謎の施設)」に連れて行くよう南に命じる。しかし、名古屋への道中に悲劇が起きた。またもや錯乱した尾崎を取り押さえようとした南は、あやまって尾崎を殺してしまったのだ。尾崎の死体をヤクザ処分場に取り敢えず持って行こうとした南だが、途中で尾崎の死体が無くなってしまう。南は、地元のヤクザに尾崎を探す手伝いを頼み尾崎を探すが、南は奇妙キテレツな人物や奇妙な現象に出くわす。

牛頭 gozu 驚愕衝撃覚悟!論理、常識は取っ払いましょう!完全ネタバレします!

冒頭から「座っていても、たっているものはな〜んだ?」と質問してくる石橋蓮司組長と、「これから俺が話すのは全部冗談なので信じないでください」と言いながら奥さん方が連れているチワワを「あの犬はヤクザだけを食い殺すよう訓練されたチワワ!殺られる前に殺らねえと!」だと言い喫茶店の窓にチワワを叩きつけて殺する哀川翔に衝撃!

仰天した石橋蓮司組長は、哀川翔を名古屋にある「ヤクザ処分場」送りにすることに決め、組員の曽根英樹に名古屋に連れて行くよう命じます。

道中でも哀川翔は「あれはヤクザを轢き殺すために設計されたヤクザカーだ!」などと言い出してバンバン電波を飛ばしてくる。

(この哀川翔の妄想シリーズはもっと見たい!哀川翔を早々に退場させてしまうのはもったいなさすぎ。)

また、童貞のヤクザが頭のおかしくなった兄貴分を“処分”しに名古屋へ向かうが、兄貴の事故死を機におそろしく奇妙な世界にはまりこんでいく序盤から異様な雰囲気を出してきて、生理的気持ち悪さを出した半分顔の白い佐藤佐吉と「あんた、名古屋の人ちゃうやろぉ~…!?」「“与作”歌える?」支離滅裂に同じようなことを繰り返し喋る火野正平様など道中でてくる奴らも不気味で、出てくる人間が誰一人として信用できなく、不条理に拍車がかかってきます。

(旅館のくだりは間延びして長いが)自分の母乳を牛乳として売る旅館の女将、またババアの母乳ミルク牛乳を飲む少年となど冒頭では哀川翔だけが狂ってるのかと思えば登場人物全員気狂いだった!

牛頭 gozuは、ラストが強烈すぎる!不条理な世界を散々見せられた後は、私が兄貴よという女が現れ、そいつとローションを纏ってセックスしたら哀川翔の出産という大スペクタクル、最後の最後に更に斜め上を行く展開待っていて鑑賞後は脳が破壊される事間違いなし。(映画最大の見せ場)ラスト、産まれてくる哀川翔のシーンは凄い(笑)

牛頭 gozuは、ヤクザ版ツインピークス??ただただ圧倒されているのみでございます。

これを見せられたら、面白いとしか言えない。極道ものながら、シュール不条理だろうか。マジでわけわからん。けど退屈せずに観れます。

(ちなみに、三池崇史は撮影時にその場その場で思いついたブラックユーモアを放り込んでいったらしい)

(本作の舞台は名古屋ですが“コーヒーと一緒に茶碗蒸しを食べる”のは一般的なの?本作では不気味な過剰サービスに彩られた街「名古屋」ですが、名古屋の方はこれ観て怒らんのか笑)

「牛頭 gozu」は、三池崇史監督の不条理グロミステリーホラーラブコメディ(不条理極道ホラー)

不条理で難解な作品だがラストシーンはどの三池作品よりもイッちゃってる。問答無用の三池崇史最高傑作!三池崇史で一本選ぶならコレにしたい!

ここまでぶっ飛んだ映画はなかなかない、ホラーなのかコメディなのか?わけがわからないが、まず前提として、本作をマトモな映画だと思って観ちゃダメです。

牛頭 gozuは、全編とおしてスキが全く無いぐらい狂っているので、それを前提に臨んだ方が吉ですし、友達ですらみせたらドン引きされる可能性もないとは言えないのでひとりでの鑑賞をお勧め!あと、牛乳が好きな人も覚悟した方が良いでしょう。

三池崇史という監督はわりとエクストリームな表現をモットーにしているが、この時代の三池崇史はほんと尊い。この時代の三池崇史狂っとる!この直後に『ゼブラーマン』を撮ったって考えると、本当天才!

また、ビジターQ+オーディションな雰囲気に、どこまで行っても目的にたどり着けない無間地獄!そして根こそぎかっさらっていくラスト5分、そして、♪ごーずっ、ごーずっ、ごーずぅ~っ♪「牛頭の歌」は最高!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ryuta

ナイトメアプロダクション最高執行責任者COO
●出演歴 ●
サンヨー信販
ポケットバンク CF
おもいっきりイイ!!テレビ
恋を捨て夢に駆けた女~エド・はるみ物語~
日本史サスペンス劇場 ~東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相SP~
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ザ!世界仰天ニュース
大洋薬品 CF
清水翔太PV 
2020年 サイコアクションスリラー「Black Sheep 黒い羊」主演デビュー
●data●
生年月日/ 1991年10月28日
血液型 / O型
座右の銘 / 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
特技 / 教育カウンセリング 護身術開発 お化け屋敷開発 テーマパークコンサル マーケティングコンサル
趣味 / ホラーとアクション映画を観ること 格闘技を見ること テーマパークに行くこと 絶叫マシンに乗ること