モキュメンタリー映画「ハードコア」のチャレンジ精神はおおいに買い

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】
シンジてんてぇ!僕にゃん眠すぎるw なんかモンチュターエナジー飲んだくらいにギンギンにめが覚める映画を教えてニャロンギ
ナイトメアシンジ
ならば今日、ご紹介はモンスターエナジー飲んだレベルにアドレナリンが出るモキュメンタリー映画映画「ハードコア」を紹介しよう

”モキュメンタリー映画の新しい扉を開いた映画”「ハードコア」

映画「ハードコア」は”全編一人称目線”のモキュメンタリー映画です。
(あなた、あるいは”私目線”とでも言いましょうか)

モキュメンタリーとは、架空の人物や団体、虚構の事件や出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風表現手法。

モキュメンタリー映画のご紹介は今回で2本目になります。
第1弾は松本人志「大日本人」

モキュメンタリー映画については、日本におけるパイオニアである白石晃士映画監督の回に詳しく書いていますので、興味のある方は御覧下さい。

映画「ハードコア」は2018年公開の日本映画(山田孝之・佐藤健主演。監督は山下敦弘)と同一タイトル(日本映画は正確には「ハード・コア」)ですので、混同されませんように御願いします。 

洋画「ハードコア」は2015年に制作されたロシア・アメリカ合衆国映画です。

原題は「Hardcore Henry」。

Henrryは主人公の名前です。
(Hardcoreの意味は集団や組織の中の強硬派、あるいは音楽で、従来のものより過激で荒々しい表現のもの)

日本公開は2017年4月1日。
(奇しくもエイプリル・フールですな。配給はあの大ヒットモキュメンタリー映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」(1999年)クロックワークスだし)

上映時間は96分。

R-15指定。

監督・脚本はイリヤ・ナイシュラー

イリア・ナイシュラーは、ロシアのロックバンド「バイティング・エルボウズ」のボーカリスト。

イリア・ナイシュラーが監督を務めた一人称視点で撮った「Bad Motherfucker」のミュージックビデオは、凄腕スパイ・エージェント視点のシューティング・ゲーム風。

ザ・ウィークエンドの「False Alarm」のミュージック・ビデオも監督していて、こちらは 5分45秒もあります。

「Bad Motherfucker」同様、一人称のシューティング・ゲーム視点で撮影、銀行強盗が人質の女性を連れて逃走するストーリー。
(どちらもバッド・エンドです)

二本のミュージック・ビデオは、アクション、カメラも演技も映画さながらの素晴らしい出来。

特に「False Alarm」は度肝を抜かれます
イリヤ・ナイシュラーは本当にセンス抜群です。映画「ハードコア』の監督抜擢も頷けます

映画「ハード・コア」の出演者もご紹介

主人公ヘンリーの父親役に映画「海の家のピアニスト」(1998年)のティム・ロス
筆者には一瞬の表情や仕草で相手を見抜き、犯罪捜査に協力する変人精神行動分析専門家カル・ライトマン博士を演じたFOXテレビドラマ「ライ・トゥ・ミー嘘は真実を語る」(2009~2011)が印象的
主人公ヘンリーの妻で科学者エステルを演じるのはヘイリー・ベネット

ウェスタン映画「マグニフィセント・セブン」(2016年の)ヘイリー・ベネット。
(ご存知1960年の映画「荒野の七人」のリメイク)

ヘンリーを助けるジミー役にシャールト・コプリー

筆者が大好きなSF映画「第9地区」の主人公ヴィカス役!ジミー役を楽しそうに演じていて好感持てます。
(ジミーが火炎放射機を持っている男に声を駆けるところは笑ってしまった)

では、
モキュメンタリー映画「ハードコア」のあらすじを途中まで、ご紹介します。

モキュメンタリー映画「ハードコア」あらすじ

舞台は近未来。
ヘンリーは、とある研究施設で
目を覚ますが記憶がない。

ヘンリーの身体は重傷を負い、
自分の妻だと名乗るエステルという
女性によって、サイボーグ手術が施される。

声帯も失われ、声の修復の最中、研究所が
エイカンという超能力者率いる
武装した集団に襲撃される。

エステルは拉致され、
ヘンリーは追われる身になってしまう。
混乱し、逃亡を続けるヘンリー。

突然、ヘンリーの前に
ジミーという男が現れ、
ヘンリーに協力を申し出る。

ジミーは遺伝子操作された、
たくさんのクローン(ダミー)を
抱えた科学者だった。

かって、ジミーは
エイカンの下で働いていたが、
エイカンによって全身麻痺にさせられ、
復讐のために
自分のクローンを量産していたのだ。

エイカンは
死人をサイボーグに改造して大量に生産、
世界を手中に収めるつもりらしい。

ヘンリーはジミーと、
妻のエステルを奪い返すために
エイカンたちに戦いを挑むが…。

モキュメンタリー映画「ハードコア」の特徴

ナイトメアシンジ


最初はワクワクします。
自分視点の新鮮さは買いです。
通常のモキュメンタリー映画は”目撃者”や”証人”であることが多いですが、
この映画「ハードコア」は当事者、物語を回す主人公というところに特色があります。

”画”はキレイ
また、MTV出身ということもあり、全編音楽が効果的に使われています。

「False Alarm」のミュージック・ビデオは特におすすめ
このモキュメンタリー映画「ハードコア」が”歴史に残る映画”になるのは、間違いない。

まさにMTVみたい
クライマックス、サイボーグ軍団と戦うシーンでは、クイーンの「ドント・ストップ・ミー・ナウ」が使われています。

主人公視点なので、目まぐるしく右や左、上下に動きます。注意!
ですが、全編アクションのつるべ打ちで、”画面酔い”する人が出るかも。

映画「ハードコア」を見て、筆者は映画には、”静と動”が必要だと痛感しました。あまりにスピーディーすぎると、人間は感覚が麻痺しますね。
(悪い言い方をすると飽きる。60分ならイケる) 

映画「ハードコア」は一見の価値、充分にあり。
(ラストも、ほんの少し、ヒネッてあるし)

次回は人間が怖い日本映画「復讐するは我にあり」をご紹介します。
お楽しみに。

”今宵も悪夢は世界のどこかで誰かが見る”

(ナイトメア・シンジ)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】