平成最後は珍バイオレンス映画としておすすめ『極道戦国志 不動』

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

脚本家・演出家・演技トレーナー・映画評論者のナイトメアシンジです。

今日、ご紹介するのは、
おすすめ珍バイオレンス邦画 「極道戦国志 不動」です。

タイトルからヤクザ映画とわかりますね。
(正解)

監督は三池崇史。
(三池監督作品が多くて、すいません)

またまた、R-18指定
(いい加減にしないと怒られますね)

筆者は特に三池監督びいきではないのですが、もう、現在では作ることのできない珍品映画を気絶するくらい数多く撮っているので、紹介せざる得ない感じです。
(この映画も決して名作ではありません。バカバカしさ満載。注:多少、イラつくとこあり)

邦画「極道戦国志 不動」は谷村ひとしの同名漫画を映画化したものです。

公開は1996年10月12日。
上映時間は99分。

主演の不動力は谷原章介。
(当時24歳。高校生役。たくさんは喋りません。オールヌードあり。お好きな方にはたまらないでしょう。そのスジにはおすすめ)

敵対組織夜叉組の能間大元役に竹内力。
(ヤクザ映画ならこの人。いつもの喋り方。いつもの物腰。変わらない演技)

谷原章介の父であり、仇でもある不動巌役に峰岸徹。

仲間になる愛染明にプロレスラーの高野俊二。
(どうみても、高校生には見えない。三池監督のおふざけが見え隠れ)

ミッキー・カーチスがチョイ役で出演。

では、
おすすめ珍バイオレンス邦画 「極道戦国志 不動」のあらすじをご紹介します。

邦画「極道戦国志 不動」あらすじ

ある夜、小学生だった不動力は、九州を拠点とした仁王会不動組の武道派である兄が野間大元率いる関西暴力組織夜叉組と起こしたいざこざのオトシマエをつけるため、不動組組長で父の不動巌に斬殺される現場を見てしまう。

慕っていた兄の死をなすすべなく目撃した力は、父と大元への復讐を誓い、兄の血で自分の背中に不動明王を彫る。

それから10年の月日が流れる。

高校生になった力は表向きは成績優秀で真面目な学生。しかし、裏では勢力を増した不動一家の若頭をつとめていた。

力には、もうひとつ別の裏の顔もあった。古い体質のヤクザ世界を崩壊させて、新たな極道世代を築こうとする秘密組織のリーダーとして君臨していたのだ。

力は、仁王会の四天王と呼ばれる幹部たちを、クラスメイトのリカと童子や小学生たちを使って次々と抹殺していく。転校してきた愛染を仲間に引き入れると、仁王会の本山である仁王寺の阿平と吽平をも抹殺。

力の謀反に気づいた父の厳は、力の腹違いの兄の権を刺客として力のもとに送る。権は力の通う高校に体育教師として潜入すると、力の仲間を血祭りにあげていく。

ついに力は権と対決。辛くも新任教師で実は死んだ兄の愛した弥勒純と愛染に救われる。夜叉組と手を握り、更なる勢力発展を狙う厳の首を打ち落とした力。

力はさらなる野望として、仇の大元のいる関西への進出を決心する。父の葬儀の日、弔問にやってきた能間に、力は挑戦状を叩きつける…。

珍バイオレンス映画「極道戦国志 不動」

小学生に銃や刃物を持たせて暗殺者として訓練させたり、生首でサッカーさせたり、
1990年代は自由な映画作りをしていたなーと思います。
(もう、作れないバイオレンス・ジャンル。このへんはおすすめかも)

力の仲間の両性具有の女子高生とかも難しいかも。
(良い子のみなさんすいません。立ちションの場面もあります)

女子高生の陰部を使った吹き矢攻撃。
(ナンセンスの極み)

映画「極道戦国志 不動」のおすすめ度

 「極道戦国志 不動」は変わったバイオレンスの珍品です。
至るところに三池節あり。

(筆者が考える三池節とは、漫画チックなおふざけ、過激なまでのグロい描写)

漫画チックなおふざけをひとつ例に挙げると、
力の右腕の女子高生が権の手で校舎から転落させられるシーン。
落ち方が漫画。

過激なまでのグロもひとつ挙げると、

暗殺される組幹部が毒を飲まされ、車の中を暴れまわる場面での必要以上に流れる血。(バイオレンス度MAX)

芝居ががったセリフが多い。
(まじめに役者が喋っていて、噴出してしまう)

夜、権が帰宅すると力が部屋で待ち伏せています。

権「不動君。何か用かな?」
力「深夜の家庭訪問です」
権「生徒が教師に?」

権は何もない部屋の裸電球を点ける。
「質素な」部屋ですね?」
「教師の給料じゃー、なかなかね…」

もう、わけわかりません。

この映画「極道戦国志 不動」は続編もあります。

バカバカしくも、”令和”には決して作られない映画を見たい方、
おすすめ。

「平成最後は珍バイオレンス映画としておすすめ『極道戦国志 不動』」を最後まで読んで下さった読者の皆様へ

皆さん、ホラー王子(ナイトメアリュウタ)の兄貴分で脚本家・演出家・演技トレーナー・映画評論者のナイトメアシンジです。

記事を最後まで読んでくれた方にオススメしたい映画がありますのでコチラの記事も併せて読んでみて下さい→ちょっと変わったバイオレンス映画を見たいなら、邦画『2LDK』がおすすめかも

(ナイトメア・シンジ)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】