現代日本カルト映画の代表監督といえば、塚本晋也だと思う

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

現代日本映画カルト監督というと、筆者はまず、塚本晋也を思い浮かべます。

そして、次に連想するのは、ご存知な方も多いと思われますが、塚本晋也監督を一躍有名にしたカルト日本映画「鉄男」です。

塚本晋也=日本現代カルト映画=「鉄男」といったところですか。

では、まず塚本晋也映画監督について少し、お話しましょう。

日本映画監督塚本晋也について

脚本家・演出家・演技トレーナー・映画評論者の4つの顔を持つナイトメアシンジです。まず『寺山修司監督』?という人のために【日本のカルト映画監督塚本晋也監督】を紹介していきます。

1960年1月1日生まれ。
東京都渋谷区出身。
日本大学芸術学部卒業。
中学時代から、8mm自主映画を作り始める。

大学時代は演劇に傾倒。大学卒業後がCM制作会社に就職し、編集技術を学ぶ。
退社後、劇団「海獣シアター」を結成。

1988年、劇団の仲間と作った映画「電柱小僧の冒険」でぴあフィルム・フェスティバルでグランプリを受賞。翌年、1989年、映画「鉄男」制作。

1991年映画「ヒルコ/妖怪ハンター」(諸星大二郎前作)で35mmフィルムデビュー。
以降、エロテック・スリラー映画「6月の蛇」や大岡昇平の戦争文学を映像化した「野火」など国際映画祭で数々の賞を受賞。

続いて、塚本晋也監督の有名カルト日本映画「鉄男」について説明します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鉄男 ニューHDマスター【Blu-ray】 [ 田口トモロヲ ]
価格:3223円(税込、送料無料) (2019/3/5時点)

 

映画「鉄男」は1989年7月1日に公開されました。
上映時間は67分。

塚本晋也監督は出演のほか、脚本、撮影、編集、照明、特撮、美術も担当しています。(これだけ、レパートリーを持っている監督は珍しい)

出演は田口トモロヲ。もちろん、塚本晋也。そして、六平直政と石橋蓮司。
(渋い人選!)

この映画「鉄男」はローマ国際ファンタステック映画祭グランプリを獲得しました。
(ゆうばりファンタステック映画祭の生みの親の小松沢陽一がローマに持っていくようにアドバイス)

その後、鉄男はシーリーズ化されます。
(映画「鉄男」の原型は1986年に制作された「普通サイズの怪人」)

1992年10月3日公開 鉄男ⅡBODY HAMMER
2010年5月20日公開 鉄男 BULLET MAN
という作品があります。

では、カルト映画「鉄男」のあらすじもご紹介します。

カルト日本映画「鉄男」あらすじ

”やつ”は自らの自分の太ももに鉄パイプを埋め込む。だが、傷口から蛆がわき、やつは動揺して外へ走り出し、”男”の車に轢かれる。
×××
朝、ヒゲを剃っている男は、頰から小さな金属片が飛び出しているのに気づき、その金属片を引き抜く。
駅でのこと、男の隣の眼鏡の女が突然おかしくなり、女の手が金属化していく様を見て、男は恐ろしくなって逃げ出す。眼鏡の女は段々と金属化、男を追ってくる。男は自動車修理工場のような場所へ逃げ込み、しつこく追いかけてくる眼鏡の女を返り討ちにするが、直後、男の体も右腕と足首から金属化していく。
×××
うなされる男。男は悪夢からさめて、隣にいる女とセックスしようとするが、女が途中で痛がり、セックスは中断。やがて、男の股間から鉄のドリルが生えてくる。男は女にそれを突き立てようとする。女は必死で男から逃げ、熱したフライパンや包丁で男に反撃。男の体からは血が噴き出すが、その部分も金属化し、男の体は鉄くずの塊のようになっていく。女はドリル化した男の股間で死亡する。

一方、事故の後、やつの頭には金属が突き刺さったままにもかかわらず、徐々に回復。自分を轢いた男への復讐を誓う。男の部屋の電話が鳴る。電話の相手はやつだった。そして、男はあの事故のことを思い出す。男はやつを車で轢いたひき逃げ犯だった。

事故後、やつが死んだものと思い込んだ男は、やつを車のトランクに積み込み、同乗していた女と山へ遺棄したのだった。

その後やつは特殊能力で男を金属化させていく。やつが元気になればなるほど、男の金属化は進み、今ではの鉄ロボットのような姿に変わっていた。やつは、高速を走り出し、男の家へ向かう。やつが男の家に近づいてきて、家の金属製品がおかしくなっていく。やつは金属化した男を見て喜び、不敵に笑う。恐ろしくなった男は逃げ出す。やつもすぐにその後を追う。男とやつは車のように高速移動し、追いかけっこを繰り返す。と、路地裏の謎の浮浪者が金属の棒でやつを、坊や”と呼び、棒で殴り始める。

男は古いクズ鉄工場のような場所にいた。そこへ、浮浪者から逃れたやつがやってくる。やつの体も次第に金属化を始める。男とやつの体は同化していく。完全に同化した塊の中で、2人は最終的に一心同体の巨大な金属の怪物と化す…。

日本映画「鉄男」のカルトさ

日本映画「鉄男」のカルト加減はあらすじを読んだだけでもわかりますよね。

このストーリーと映像の疾走感。映像とともに流れるパンク。

股間からドリルが生えてくるなんか、まさにカルト映画。

眼鏡の女だけでも見る価値あり。
(センス抜群。筆者はこの眼鏡の女でストーリーを作って欲しい)

モノクロも不気味で格好いい!

筆者の塚本晋也=日本現代カルト映画=「鉄男」わかってもらえただろうか?

「現代日本カルト映画の代表監督といえば、塚本晋也だと思う」を最後まで読んで下さった皆様へ

皆さん、ホラー王子(ナイトメアリュウタ)の兄貴分。ナイトメアシンジです。最後まで読んでくれた方にオススメしたい映画がありますのでコチラの記事も併せて読んでみて下さい→海外カルト映画『ドニー・ダーコ』は摩訶不思議な映画

(ナイトメア・シンジ)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】