一番怖い日本のホラー映画 鬼畜大宴会

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

見てはならぬもの、見せてはならぬもの、見たくないもの。そうしたものがあります。今に限ったことではないですが、そうしたものが「ある」ということは知っているものの――いや、知っているからこそ、でしょうか――人はそれを見ないように策を講じてきたのではないでしょうか。または、現在も見えぬように努めているのではないかと思います。

一番怖い日本のホラー映画 鬼畜大宴会

【裁判沙汰】

韓国での話です。客が店員に腹を立てて、物を投げつけた――というニュースが少し話題になりました。経緯などは詳しくわかりませんが、物を投げつけられた側の店員は、そのあと、カウンセリングを受けることになったそうです。

物を投げる――とまではいかなくても、店員によく分からない文句を言う客の問題は、日本でも聞く話ではあります。モンスタークレーマーというのでしょうか。

そうした人の心に棲むものに名前を与えたもの。それが見てはならぬもの。見せてはならぬもの、見たくないもの――の正体です。こうしたものを見ずにすませるためには、どうすれはいいのでしょうか?­

【一番怖い映画】

ルールのないところに勝ちも負けもありません。また、基準のないところに優も劣もありません。そうして見ると、ひと口に「一番怖いホラー映画」といった場合、どこに基準を置くのか、何を評価するのか、それによってどんなタイトルが一番怖いホラー映画と言えるのかは、大きく違ってきます。

とはいえ、映画や怖いものに興味のある方は、「一番怖いホラー映画」というフレーズには惹かれるものがあるのではないかと思います。なので、今回は、日本の映画の中から、「一番怖いホラー映画」を選んでみたいと思います。

どうして日本かといえば、それはひとえに映画の世界観に浸りやすいだろうと思うからです。海外のものは――というよりも、海外を舞台にした映画の場合は、日本では見られない風景、人物、風俗が当然のように出てきます。つまり違和感がありあす。あるいは作り物じみた世界観というのでしょうか。

「日常の中に潜む怖さ」という意味で恐怖を感じることが難しくなります。なので、海外に住んだことのない日本人には、映画の舞台そのものが「違う世界」になってしまいます。

ですが、舞台が日本であれば、導入部は「日常」であり、そこから恐怖につながる――という味わいが生まれます。すると、どうなるかというと、映画の中に描かれる恐怖が、身近なものに感じられるようになります。そういった意味で、今回は日本を舞台にした映画に絞ってみます。

また、身近に感じるためには、一般的には「ない」とされているもの――例えば霊など――が出てこない方が良いかもしれません。見えない人にとっては、非現実的に見えてしまいますし、また見える人から見ると、本物の霊はそんなものではない、と思われてしまいかねません。

思いっきりリアルに描ければ、あるいは恐怖を身近に感じさせることもできるかもしれませんが、そうでなければ、また違和感の元となってしまう恐れがあります。

なので、
日本が舞台であること
・霊などが出てこないもの
を踏まえて一番怖いホラー映画を選んでみます。

一番怖い日本のホラー映画 鬼畜大宴会

【まがいものの愛】

今回紹介する映画は、「鬼畜大宴会」です。ところで、動物の首を切断するとどうなるのか、その様子をご覧になったことがあるでしょうか。さすがに生で観る機会は少ないと思いますが、動画でなら見ることができます。

どうなるのかというと、首を切断した瞬間、胴体が狂ったように激しく暴れまわります。豚の場合、大の男が二人がかり、三人がかりで抑えても、なお抑えきれないほどの暴れっぷりです。肉は栄養を摂るためには必要な食材なので、動物を殺すことを必ずしも否定することはできません。

ですが、その現場をあえて見たいという人は少ないのではないかと思います。それもまた、見えてはならぬものです。そういうところにも、〝それ〟は棲みつきます。そして、首を失って暴れている獣の姿自体が、またはそれを見て感じる印象が、そう呼ばれるものなのかもしれません。

首を落とした獣が暴れる――という光景は、見ていてあまり気持ちのいいものではありません。ですが、これは一般の人間にも当てはまることです。その様子を描いたのが、「鬼畜大宴会」という映画です。どのような映画なのか、まずは内容を紹介いたします。

【頭を失った人間たち】

舞台は、すでに話したように日本です。ですが、現代ではありません。だいぶ昔――具体的にいうと、まだ学生運動が盛んだった時代です。

登場人物たちもまた、その時流に乗るかのように、学生運動に精力をそそいでいました。ですが、映画の冒頭では、全力で取り組むことのできない状態でした。なぜなら、リーダーがいなかったからです。リーダーの名前は相澤。なぜ相澤がいなかったのかというと、投獄されていたからです。

が、その相澤も、獄中から出てくる時期が迫っていました。メンバーはそれを待っているのです。ところが、思いもよらないことが起きます。出獄直前、どういうわけか相澤が腹を切って死んでしまうのです。それが狂気の始まりでした。

リーダーを失ったメンバーは、徐々に狂気に満ちた動きを始めるのです。それはまるで、頭を切断された獣のように。

切腹した相澤には恋人がいました。名は雅美。相澤の恋人であると同時に、相澤の率いる学生運動のグループのメンバーでもあります。雅美は、相澤の服役中から、別の男との交わりを持っていました。その相手の名前は山根。山根もまた、グループのメンバーです。

しかし山根は、リーダーである相澤の死をきっかけに、どうやら考えが変わるようです。今までは相澤のもとで活動してきたけれども、相澤なき今、自分がグループを牛耳ってやる――と。そして山根は、ほかのメンバーと対立、最終的にはグループから離脱してしまいます。

相澤と山根のいなくなったグループで、次に権力を握ったのは、相澤の恋人でもあった雅美でした。雅美は、男ばかりが集うグループの中の紅一点でした。

そして、それは同時に、雅美の武器でもあったのです。紅一点の雅美は、ほかのメンバー(岡崎・平・熊谷など)を、性欲をもって誘惑し、従えていきます。が、その支配は長くは続きません。すでに脱退した山根が、「離間の計」をかけてきたのです。

山根は、まず雅美らの活動を警察に通報します。が「熊谷」という名の男については通報しません。その上で、山根は熊谷のもとへ行き、「共闘しよう」と声をかけるのです。つまり「通報された雅美たち」と「通報されなかった熊谷」と分けることで、団結の分断を謀ったわけです。が、それは失敗します。

熊谷は山根を殴打します。おそらくですが、すでに雅美と性的な関係を持っていた熊谷にとっては、雅美が通報されたことで、むしろ山根に対して怒りを覚えてしまったのでしょう。とにかく山根の計略は失敗します。

そこへ、山根に通報された雅美たちが押し寄せてきます。なんでも、警官から逃れてきたのだとか。しかも、その際に警官をひとり殺してしまったというのです。警官に通報した山根に対して、熊谷を含めた一同は怒り心頭に発してしまいます。そして山中に山根を連れていき、殺害。さらに熊谷も殺されてしまいます(熊谷は山根の後輩だったために怪しまれた)。

そこからはもう殺戮の嵐です。次々とメンバーが死にます。雅美までも・・・・・・。そして、その様子を見ていた最後のメンバーも自殺。そうして物語は終わります。

一番怖い日本のホラー映画 鬼畜大宴会

【見えてはならぬもの】

タイトルの「鬼畜大宴会」に違わぬ内容の映画です。人の死ぬ場面がたくさんあり、「鬼畜大宴会」を紹介する記事の多くは、その殺し方などに焦点があてられています。そうして、「鬼畜大宴会はこれほどに怖くて、グロテスクで、狂った映画です」のような紹介のされ方がしています。

なので、ビジュアル的な内容はほかの記事に任せて、こちらでは、では、なぜ「鬼畜大宴会」がそれほどまでに怖いのか、また、一番怖いホラー映画なのかを書いてみたいと思います。ところで、見えてはならぬもの、見せてはならぬもの――そういうものがあります。人間の体でいえば、性器などです。

性器を殊更に見せる場面は限られています。温泉などでは、そうでもないかもしれないですが、あれは見せること、あるいは見ることを目的としているわけではありません(たぶん)。温泉は服を脱がねば入れませんから、結果的に見えているというだけで、見せること自体に意図はありません。

では、どんな場合に意図して性器を見せるのか、と考えると、おそらく病気の治療か、セックスをする場合くらいのものではないかと思われます。

セックスを含めて、性に対する願望は多くの人が持っていると思われます。持っていて当たり前のものでもあります。が、普段、それを表に出すことはありません。無闇とそんな話をしたりすれば、人格を疑われます。相手によっては裁判にもなりかねません。つまり性的な願望、性的な体の部位は、見せてはならぬもの、見えてはならぬもの――なのです。

人間の場合は、理性でそれを抑えることができます。もしくは、抑えずにはいられません。が、行動として「見せる」ことが「可能か否か」でいえば「可能」です。人をころすこともそうです。「可能か否か」で言えば「可能」です。

ですが、多くの場合は理性で損得を考えたり、見た目や感触の気持ち悪さなどから、そういうことはできません。できたとしても、おそらくは抵抗を感じるのではないかと思われます。問題はそこです。理性で抑えられなくなった場合、または、抑えられなくなった時でも抵抗を感じない場合です。

僕の解釈ですが、そういった状態、もしくはそうさせてしまうきっかけなど、それを「鬼」と呼ぶのではないかと思います。

「鬼(おに)」の語源は「穏(おぬ)」なのだと聞きます。つまり、見えないものです。それは特別なものではありません。人間の死であったり、戦争だったり災害だったり、そういう「おそろしいもの」全般です。見たくないものを見えぬようにする、ということは、たんに臭いものに蓋をするだけの行為ではありません。

戦争や災害などが、起こらないように(見ずにすむように)するという努力でもあるのです。だから、あえて隠されているものは、見てはならないのです。「性欲」も、そうしたもののひとつなのでしょう。宗教によっては、性欲は「警戒すべきもの」として扱われている場合もあるのだそうです。

宗教とまではいかなくても、実際の生活の中でも、外見が自分の好みに合った相手を見つけたとしても、いきなり性行為に及ぶことはありせん。はじめは話したり遊んだりなどして、そのあとでやっと性行為に及ぶことが多いのではないでしょうか。言ってみれば、「性欲」を「愛」という形に飾るなり整えるなりするわけです。

性欲を丸出しにしている人間は、嫌われる傾向があるのではないでしょうか。その理由は、すでに書いているように「性欲」は見せてはならぬもの、見えてはならぬものだからです。少なくとも、そういう認識の人が多い、と言えるのではないでしょうか。

そうした上で、「鬼畜大宴会」を見直すと、ビジュアル的なものではない部分にも怖さを感じることができるのではないか、という気がします。

【誘惑】

「一番怖いホラー映画」として、今回は「鬼畜大宴会」を紹介してきたわけですが、はじめにも話した通り、どんな基準で、何を評価するかによって、その結果は大きく違ってきます。

僕が怖いと思ったのは、雅美です。といっても、雅美本人ではありません。これはちょっと批判があるかもしれないですが、雅美は決して「美人」ではありません。この当時の日本においても、探せばもっと「美人」と言える人はいたのではないかと思います。

その、さほど美人とは言えない雅美(※個人的な感想です)が、色香で男を誘惑することが〝可能になっている環境〟が、やや怖く思えます。

飢えた人間は蚯蚓も喰うといいますが、「鬼畜大宴会」に登場する男どもは、おそらく性的な意味では、相当に飢えていたのではないかと思います。もしくは、「ともに戦っている仲間(学生運動として)」としての繋がりから、あるいは恋に似た感情を持ったのではないか、とも思えます。

少し話がそれますが、会社などで、上司が部下に対して、「四つん這いになれ」と命令して、その部下の背中に座ったりなどしたら、間違いなくパワハラと言われるでしょう。どうしても逆らえない場合は、怒りを抑えつつも、四つん這いになって上司を背中に座らせるかもしれません。

しかし、どうでしょう。孫にせがまれて、「お馬さんごっこ」のお馬さん役をやっているお爺ちゃんは怒りを感じているでしょうか?­ ああいった状態で、もしお爺ちゃんが怒りを感じているのだとすれば、「やらなければいいだけ」の話です。あえてやっているということは、むしろ嬉しいのではないでしょうか。

そう考えると、雅美がグループを支配していた――という表現には若干の語弊があるのかもしれません。雅美に従っていた男たちは、決して「支配されていた」のではなく「(雅美を)尊重してあげていた」のような心持ちだったのではないでしょうか。まるでお爺ちゃんが、孫のお馬さんになってあげているかのように・・・・・・。しかも、さして美人とは言えない相手を(※個人的な感想です)・・・・・・。

グループの中で言えば、雅美は間違いなく紅一点の存在でした。ですが、外を見れば女性はたくさんいます。なのに、それが見えなくなってしまっていたのだとすれば、きっと違法な活動をしているグループに自分が入っている、などといった理由で、視野が狭くなっていたのかもしれません。それは、外を見る目を自ら隠してしまっていた、ということにもなるでしょう。

隠した――穏(おぬ)――鬼(おに)――彼らは、みずからが鬼となっていたのかもしれません。鬼畜大宴会のタイトルの「鬼畜」には「鬼」の字が入っています。では「畜」は何かといえば、いうまでもなく、人間以外の生き物――動物のことです。動物には動物なりの理性がありますが、人間の社会で通用するものではありません。性欲や捕食や、群れの中での支配など、人間から見れば残酷なことをする生き物は多くいます。

合わせて「鬼畜」といった場合は、残酷なことやおそろしいありさまを意味します。つまり、見せてはならないもの、見ずにすむように努力をしなければならないものです。

それが、「鬼畜大宴会」の中では抜け落ちてしまっています。雅美の性欲による、一見支配とは思えないような支配、その支配の中で、次々と仲間を殺していく登場人物たち。その様子はまさに、見たくないものが見えてしまっている状態です。見えてはいけないはずの「鬼」が見えてしまっている状態です。

人間が理性を失った状態ではなく、理性で抑えるべき対象がすげ替わってしまっているのかもしれません。僕らから見れば「鬼畜」の所業も、彼らからみれば「大宴会」だったのかもしれません。「鬼畜大宴会」というタイトルがどうやって決まったのか知りませんが、そう考えるなら、うまく付けられたタイトルではないかと思います。

一番怖い日本のホラー映画 鬼畜大宴会

【鬼は裁けない】

はじめに、韓国の話をしました。怒った客が、店員に対して物を投げつけたという話です。店員はカウンセリングを受けることになりました。客がどうなったのかは知りませんが、もし日本だったら、暴行などの罪で有罪判決を受けることになるかもしれません。

「怒り」という感情も、また「鬼」です。怒りを見せると、たいていの場合、人間関係が破綻します。物も壊れるでしょう。最悪の場合は人が死にかねません。

なので、鬼である「怒り」は、見えないように努めなければなりません。が、そうはいっても、怒りは強力な感情ですから、これを隠すことは容易ではありません。

それに、もしそれが見えてしまったとしても(韓国の例のように)裁くことはできません。身体的な制限をかけたり、経済的な制裁を加えたりすることは可能ですが、感情を捨てさせることはできません。むしろ、刑を課せられることによって、より強くなるおそれもあります。

【だから怖い】

本当に怖いのは、人間が理性を失ってしまった時ではありません。人間が〝理性によって暴力を犯す〟ようになってしまった時です。理性を失ってしまったのなら、取り戻せば済みますが、理性が暴力を許すということは、もう制限がかからない状態です。

それが、「鬼畜大宴会」の内容ではないでしょうか。日本の「国」としては、当然、殺人も暴力も許していません。ですが、このグループ内においては、それが「正しいこと」になってしまっています。正しいか誤りかを判断するのは理性ですから、その理性が「正しい」と判断してしまう状況を描いた本作は、まさしく「一番怖いホラー映画」と言えるのではないかと思います。

一番怖い日本のホラー映画 鬼畜大宴会

【どうすれば良いのか】

韓国の事件ですと、店員がカウンセリングを受けることになりましたが、本当にカウンセリングが必要なのは、おそらく客の方だと思われます。店員としても、感じた恐怖を癒すためという意味ではカウンセリングが必要かと思われますが、客の場合は、どうしてそんなに怒りを溜め込んでいたのか、それを緩和するという意味でカウンセリングが必要です。

カウンセリングは、クライアントの話を否定しません。カウンセラーは、むしろ肯定的な態度をとります。なぜならば、否定的な態度取ると、相手も警戒しますから、感情を吐露するというよりは、論理武装してかかってきます。

感情を言わせるためには、優しく、少なくとも否定的ではない態度を取る必要があります。そうすると相手も安心して、つい心が緩んで本音を話したくなります。本音が出れば、一見「悪いこと」のように思われる行為をした理由が見えてきて、結果的に解決に向かいます。

おそらくですけれども、「悪い奴」を少なくするためには、罰だけではなくて、肯定的な態度も必要なのではないでしょうか。批判されると防御体制に入ってしまって、心にもない反抗(犯行)に至ってしまうことも考えられます。

【鬼の映画】

「鬼という おそろしきものは どこにある 邪見の人の 胸にすむなり」一休禅師の言葉とされています。

見せてはならぬものなのに、多くの人が持っているもの。それをグロテスクなビジュアルで見せている鬼畜大宴会。誰でもやってしまうおそれのある凶行を描いている本作は、そういった意味でいうなら「一番怖いホラー映画」と言えるのではないでしょうか?­

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】