単なるグロ映画ではない「冷たい熱帯魚」 あらすじ 感想

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

単なるグロ映画ではない「冷たい熱帯魚」 あらすじ 感想

この記事では2010年公開の園子温監督・脚本による映画「冷たい熱帯魚」の感想レビューやあらすじ考察について書いております。

この作品は、実際に1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとしたホラーサスペンス映画です。この映画は日本の映画賞の各部門を次々と受賞しており、高い評価を得ています。注目すべき点は、なんと喋っている内容は犯人が、実際に話していた内容がセリフになっています。

この事件の顛末は本になっているので、もし興味がある方は読んでみると、より一層この作品を楽しめると思います。

冷たい熱帯魚のあらすじ

小さな熱帯魚店を営む主人公の社本信行(吹越満)は前妻の娘と現在の妻の二人に挟まれながらも、波風の立たないよう静かに暮らしていた。

しかし、家族の確執に向き合わない彼の態度が娘の万引きを招いてしまった。窮地に陥る社本だったが、スーパー店長と懇意のある村田(でんでん)が彼を救ったのだった。

村田の懇願により店長は万引きを許す。さらに大型熱帯魚店を経営する村田は、娘をバイトとして雇い入れる。その親切さと人の良さそうな村田に誘われて、社本と村田夫婦との交流が始まる。

しばらくして、利益の大きい高級魚の取引を持ちかけられる社本。それが、村田の悪逆非道な「ビジネス」と知り、物語は思わぬ方向へ進む。

冷たい熱帯魚の感想レビュー

この「冷たい熱帯魚」は最初から最後までの独特な緊張感、空気感と人間の感情の起伏がうまく表現されています。すごいグロテスクなシーンもふんだんに盛り込まれていますが、吹越満さん、でんでんさんをはじめとする俳優さんたちの演技力がとにかく素晴らしい。

実際にあった事件をモチーフにしているだけあって、単なるグロテスクとエロシーンが詰め込まれた映画で終わらないところがすごいところです。人間の脆弱な部分、狂気じみた部分を実際の事件を元に表現しているため、リアリティーがあり、現代社会への痛烈なメッセージも込められていると感じました。

この映画には園子温監督の世界観が満載で、見終わった後は、お腹いっぱいになります。

まとめ・総評

映画「冷たい熱帯魚」の私の総合評価は90点/100点です。でんでんさん、吹越満さんの演技が特に素晴らしいのでこの点数をつけさしていただきました。気になったかたはぜひチェックしてみてください。ちなみにこの映画は18Rなので、18歳以下の方はご覧になれませんので悪しからず。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】