上映禁止のスプラッター映画 「グロテスク」

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

上映禁止のスプラッター映画 「グロテスク」

【分身の術】

主婦を例にとってみます。もし専業主婦であれば、その仕事内容は、おもに「家事」です。専業主婦の誤解されがちなところは、仕事内容は結構大変なのに、「気楽なもの」と思われがちなところです。

現在はそんな見方もだいぶ改まってきているとは思いますが、それでも完全にその「勘違い」が払拭されたわけではないようです。もし専業主婦の方で、その大変さを誰かに訴えたいと思うなら、「家事が大変」というよりも効果的な方法があります。その方法は、言葉を分裂させるというものです。

どういうことかというと、「家事」を細分化するわけです。つまり「家事が大変」というのではなくて「料理や洗濯や食器の片付けや掃除や買い物などが大変」と言うと、いかにも大変そうな印象を与えることができます。意味としては「家事」のひと言と同じですが、その内容を詳らかにすることで、多くのことをやっているような印象に変わります。まるで分身の術のように。

これを踏まえて、ある映画の話をしたいと思います。その映画は、ジャンルとしてはスプラッター映画なのだそうです。だから当然といえば当然ですが、グロテスクな表現がたくさんあります。しかし、そのグロテスクさがあまりにもひどいために上映禁止にまで追い込まれたのだとか・・・・・・。

【禁断の映画】

スプラッター映画だとしてもグロテスクさが濃すぎる――そのために上映禁止になった映画なのですが、その映画のタイトルが、ずばり「グロテスク」です。そのまんまです。とてもややこしいので、映画のタイトルとしてのグロテスクの場合は、カッコを付けて「グロテスク」と書くことにします。

「グロテスク」が作られたのは日本です。ジャンルとしては、先ほども話したように「スプラッター映画」です。そして上映禁止となったのはイギリスでのことです。上映禁止にまで至った「グロテスク」は、どんなにグロテスクな内容だったのでしょうか。まずは、「グロテスク」のグロテスクな内容を紹介したいと思います。

上映禁止のスプラッター映画 「グロテスク」

【グロテスクの内容】

「医者男」と自称する男が、1組のカップルをさらってきて、拷悶にかけます。この拷悶が、おもな内容です。で、拷悶をする理由ですが、それは、「もしこの世に愛が存在するならば、それを手にすることで感動できるはずだ」というものです。

ここからも察することができるように、「医者男」は生まれてこの方、「愛」を知らない、という設定です。最後に、カップルは拷悶の果てに共に死亡します。医者男もまた、カップルの反撃にあって死亡します。内容としては以上です。

主な内容が拷悶なので、グロテスクな印象を持たれることは必然なのかもしれません。描写としても、切るは刺すはの大盤振る舞いで、まさしくスプラッター映画といったものです。

【グロテスク】

グロテスクすぎる、というのは僕の表現です。イギリスで上映禁止になった、というよりも、イギリスで上映禁止にしたのは、イギリスの「倫理協会」という組織なのだそうです。その倫理協会が「グロテスク」を上映禁止にした理由は、以下の通りです。

「辱め、残虐描写、サディズムがエスカレートするシナリオで、最後まで殺害動機を説明する場面がない。自らの目的のため、見世物としてのサディズムに耽っているように見える」

最後の部分で「ように見える」と言っている時点で、単なる個人的な感想に過ぎないという気もしますが、それは言葉の綾として置いておくとします。それでも、この上映禁止になった理由について腑に落ちないものがあります。

上映禁止のスプラッター映画 「グロテスク」

【偏見?­】

まず表現が大袈裟なので、それを絞り込みたいと思います。「家事」を例に説明したのと同じ方法が使われています。冒頭に「辱め、残虐行為、サディズムがエスカレートするシナリオ」と言っていますが、この部分です。「辱め、残虐行為、サディズム」という3つの言葉は、おそらく同じ意味なのではないかと思われます。

もちろん厳密に言えば、「辱め」も「残虐行為」も「サディズム」も違う意味になります。しかし映画の内容としてなら、ことさらスプラッター映画ならば、まず「残虐行為」はかなりの率で登場してもおかしくはありません。

また、残虐行為があるのなばら、それに伴ってサディズムも描かれることでしょう。そしてサディズムがあるなら、自然と「辱め」の要素も伴うことは想像がつきます。なので、スプラッター映画の内容の説明としての「辱め、残虐行為、サディズム」は、もう少し具体的なひとつの言葉(例えば「拷悶」など)で足りると思われます。

しかし、それは人それぞれに考えがあろうと思われるので、ここではあえて「辱め、残虐行為、、サディズム」をそのまま引用したいと思います。

だとしても、それらの表現は少し的が外れているように思います。「グロテスク」はスプラッター映画として分類されているので、そう表現されることが完全におかしいとは思いません。しかし、それらの表現は、行為の見せる一側面でしかないことを忘れてはいけないと思います。

内容の紹介でも書いたのですが、医者男が行うこれらの行為の目的は、「愛を知ることで感動する」ことです。拷問は、目的のための手段に過ぎないわけです。そう考えると、男の行為は「辱め」ではなく「愛の教示」であり、また「残虐行為」ではなく「愛の探索」であり、「サディズム」ではなくて「愛の発見」と言い換えることも可能です。

実際、映画の中では、愛を示したカップル2人に対して、医者男が感極まって叫ぶ場面が見受けられます。倫理協会の示した「上映禁止」の理由で挙げられた表現に対して、まずはその点を指摘したいと思います。また、不満はもう1つあります。それは「最後まで殺害動機を説明する部分がない」という部分です。

これは事実ではありません。作品を見れば分かることですが、動機は説明されています。すでに書いたように「愛を知ることで感動を得たい」というのが理由です。なので「動機を説明する部分がない」という指摘は、事実として間違っています。

また「見世物としてのサディズムに耽っている」とありますが、それ自体は問題ないはずです。程度の差こそあれ、サディズムが美として表現されることはあるからです。もっとも、それら全てが倫理違反だと言われたら黙らざるを得ないですが・・・・・・。いくつか倫理協会の主張に反論をしてみましたが、まとめるとこんな感じです。

・「辱め、残虐行為、サディズム」などの言葉は、一側面から見た表現でしかないということ。
・殺害動機については、そもそも説明されていること。
・見世物としてのサディズムそれ自体は、禁止されるものではないこと。

なので、上映禁止とする理由はないように僕には思えます。とはいえ、監督の白石晃士氏自身が、「ナンチャッテ良識派な方々の気持ちを逆撫でするよう極めて良心的に作り上げたので、遠く異国の地から狙い通りの反応が帰ってきて嬉しく名誉」と喜んでいるので、第三者に過ぎない僕などが口を挟む余地などないのですが・・・・・・。

【医者男の矛盾】

ところで、かなり凄惨なスプラッター映画なのですが、医者男の心情に目を向けると、少しばかりかわいそうな気持ちにもなります。
というのは、なぜかというと、すでに書いたように、男は「愛」を知らないからです。動機から行為までが短絡的というか飛びすぎのようにも思えますが、「まったく愛を知らない」という部分には同情の余地があるように思います。
しかし、そこに矛盾があるように思えてなりません。

上映禁止のスプラッター映画 「グロテスク」

【イナハトンホ彗星の輝き】

知らないものは欲しいと思いません。事実、イナハトンホ彗星の輝きを見たいと望む人はいません。知らないからです。しかし、イナハトンホ彗星の輝きは異彩を放っており、それを見るだけでどんな悲しみも苦しみも消え去ってしまうと知ったら、見たいと思う人も出てくるかもしれません。

しかも、イナハトンホ彗星が現れるのは、800年に1度のみという貴重なものだとしたらなおさらだと思います。しかし、イナハトンホ彗星の話を知らなかった段階では、誰もその輝きを見たいとは思わなかったはずです。愛もこれと同じです。

もし「愛を知らない」としたら、それが「感動するもの」ということも知らないはずです。しかし、医者男はそれを知っています。「愛」という言葉も、また「愛」が「感動するもの」であることも知っています。だからこそ、それを見たいと思ったわけで・・・・・・。

なので、「知らない」というのは「(愛を)感じことがない」「愛を向けられたことがない」という意味なのだと解釈するのが正しいのかもしれません。しかし、そう解釈したとすると、これもやはり矛盾が生まれてしまいます。なぜなら、他人同士の愛を目で見ても、自分に愛が向けられるわけでははないからです。

「愛を知らない」にしても「愛を向けられたことがない」としても、その設定(動機ではなく)は矛盾を産んでしまうのです。もしこの映画にケチをつけるのだとすれば、その1点で、しかもその1点は、極めて致命的な1点です。

【数多くのレビュー】

「グロテスク」のレビューを見ると、「拷問するだけの映画」というような内容のものを目にします。それは間違ってはいないのですが、「グロテスク」はスプラッター映画ですから、そうでなくてはならないはずです。

もちろん「拷問するだけの映画」という言葉の裏には、「拷問に加えてもう少し何かを足して欲しい」という思いがあるのは容易に理解できます。しかし、では何があれば良いのか、というのは見る人によって違おうかと思います。

なので、「プラス何か」が盛り込まれていたとしても、「拷問して○○するだけの映画」と切り捨てることができます。恋愛映画であれば「好き合ったもの同士が結ばれる〝だけ〟の映画」だし、アクション映画であれば「闘う〝だけ〟の映画」となってしまいます。なので「~だけの映画」といった寸評は、どこまで行っても免れないものです。

上映禁止のスプラッター映画 「グロテスク」

【ところでグロテスクとは・・・・・・】

見た目が異様だったりする様子をグロテスクという言葉で表すことが多いですが、その語源はイタリア語の「grotta」なのだそうです。では「grotta」とは何かというと、地下墓所、洞窟などの意味で、とくにネロが建造した大宮殿のことを指すのだそうです。

その大宮殿は、ローマンコンクリートの普及に大きく影響したのだそうです。ローマンコンクリートとは、その名前の通り、コンクリートの一種です。現在使われているコンクリートは、その性質から、持っても100年くらいが限界なのだそうです。それに対して、ローマンコンクリートは千年以上も持つのだそうです。

また、文学におけるグロテスクは、「共感と嫌悪感の両方を抱かせる人物」を指すと言います。文学におけるグロテスクの意味でいうと、(矛盾はしていますが)「愛を知りたい」という気持ちには共感を覚える部分がある一方で、その目的を果たすために拷問の行うという行為には嫌悪感を抱くので、医者男はまさしく文学的なグロテスクを体現しているキャラクターと言えそうです。

【スプラッター映画として】

以前にも別の記事で話しましたが、スプラッター映画の「スプラッター」は、おもに血液などが飛び散る様子を表す言葉です。なので、スプラッター映画という〝ジャンル〟が好きな人の欲求を満たすためには、少なくとも1回は血が飛び散る場面を描く必要があります。

さらにエスカレートさせると、もしかしたら演技やストーリーは二の次で、とにかく血が飛び散る様子さえ見られればそれで満足できるといった場合もあるかもしれません。その意味でいうと、ほとんど全編にわたって「拷問をしているだけ」と評価されたこの映画は、ある意味で「余計な部分が削ぎ落とされている」分、満足感を得られる内容の映画と言えそうです。

【上映禁止ののちに・・・・・・】

イギリスでは上映禁止となった本作ですが、それは逆に考えるならスプラッター映画として優れていると認めているということです。「倫理協会が上演禁止にするほどのスプラッター映画とは、どんなものなのだろう」という好奇心を人々が抱くことは、考えなくても分かることです。

もし、この先も、「グロテスク」が上映禁止の封印を解かれないとするなら、上映禁止されている時間が長ければ長いほど、その存在感は残り続けることでしょう。まるで、grottaで使われたローマンコンクリートが千年以上も持ち続けるかのように・・・・・・。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】