演技。そして、その指導と映画『白ゆき姫殺人事件』について

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

す今日は演技指導についてお話しまししょう。

ハル・ベリー、ブラッド・ピッド、シャーリーズ・セロンなどハリウッドの名だたるスターを教えたイヴァナ・チャバックは著書「イヴァナ・チャバックの演技術」(白水社)で自身の演技指導についてこう書いています。

「私は演技スタジオを開きました。その後、まもなく、スタジオには長い順番待ちのリストが出来ました。広告は出しませんし、俳優向けの業界紙で宣伝することも学校の名前を掲載することも拒んできました。ウェブサイトさえ持ってませんでした。実際、長年に渡り、私のスタジオの電話番号は電話帳に乗ってなかったのです。気取っていたわけでも傲慢だったわけでもありません。俳優が本当に私を見つけたいなら、自然に見つけるだろうと確信していたのです」

演技指導者としての現在、世界で最も有名なヴァナ・チャバックの凄さが伝わるエピソードです。
(ここまで来ると教祖)

誤解を恐れずに言うと、演技の指導方法は様々ですが、内容は変わりません。

では、簡単に説明します。

最初に
基礎訓練。

呼吸
地球上にいる限り、毎日自然としているが、俳優の場合、意識した呼吸のこと。(緊張していたり、自信がないとき、呼吸は浅くなります)
発声

相手に伝える、届かせる声。(声をこもらせない)
標準語

訛りの矯正。(日本では標準語というより東京弁かな)

これらがある程度取得できたら、続いて、表現についてのレッスンです。

感情

喜びや悲しみ、怒り。(いわゆる喜怒哀楽)
行動

感情に伴うもの。
(顔の表情含め、身体の動き)

演技力の向上において指導者が必要なことは明白

富田浩太郎は著書「俳優の音声訓練 せりふと朗読のための実験」(未来社刊)でこう述べています。

「これから演技の勉強を始めようとする…あるいは始めて間もない人たちは、そのどちらにせよ、すでに多かれ少なかれ、演技というものが、どんなものかについての概念を持っているはずです。
このことは、たとえ自分自身で演じたことがなくても、今までに学校の演劇発表会とか、テレビ、映画、舞台を通して、かなり数多くの劇というものを見る機会があったからだと言えるでしょう。ところで、そんな若い人たちが、いざ自分で演じるとなると、どういうわけか若さに似合わずお芝居くさく、古臭い演技をする」

人間は自分を100パーセント客観的に見ることは出来ません。自分では”、完璧に演技できた”と思っても必ずしもそうではないことがほとんどです。

”演技の世界のあるある”をひとつお話します。

芝居の世界に足を踏み入れたある若者が得意げに友人達に話します。

”あのさ、今度のドラマなんだけど結構、出番があるんだ。セリフもあるし、×月×日に放送されるから見てよ”

実際、放送されたドラマを見ると、その若者の出るシーンはほとんどありません。

なぜでしょう?

演技の難しいところは、理解と知識だけでは成り立ないところです。

”画にならない芝居はゴミ箱行き”

ナイトメアシンジ

撮影されたシーンがその場にそぐわない。立ち方、振る舞い、セリフを喋るときの表情はどうか?

セリフはセリフではなく会話や自然な言葉になっているのか?

その場にふさわしくなければ、そのシーンはカットされます。

”違和感は排除される”

いくら撮影しても、切られたシーンは何の意味もありません。

演技の指導において、一番大事なことは、その役者を”出来るだけ世に出すこと”にほかなりません。人の目に触れない役者は”唯のエキストラ”にすぎません。

見ている人が”違和感を抱かない芝居”こそが演技指導者が求めることです。

ここで、ひとつご紹介したい作品があります。

2014年3月29日に公開された日本映画「白ゆき姫殺人事件」です。

映画「白ゆき姫殺人事件」は湊かなえ原作小説の映画化作品。井上真央主演。

ある美人OL殺人事件を巡って、その容疑者とされた女性にまつわる噂が、周囲の人々の”悪意ある発言”によってTwitterやワイドショーを通じて広まっていく様子が描かれたサスペンス映画です。

監督は中村義洋。
(1970年茨城県生まれ。映画「奇跡のリンゴ」(2013年)や「忍びの国」(2019年)など毎年、コンスタントに映画を作り続けている売れっ子監督)

脚本は林民男。
(1966年神奈川県生まれ。百田尚樹の泣ける小説を映画化した「永遠の0」(2013年)や中村義洋監督作品では伊坂幸太郎の大傑作小説を映画化した「ゴールデンスランバー」(2010)、久保寺健彦のちょっと感動する小説を映画化した「みなさんさようなら」(2013)などがある)

映画「白ゆき姫殺人事件」シーン6

映像製作会社・編集室(夜)

編集作業をしている疲れた顔の若手社員、長谷川(染谷将太)。
その後ろで、パソコンに向かっている真剣な顔の赤星(綾野剛)。
書いている内容はTwitter。
”仕事帰りに××ラーメン東中野。ダシも麺も最悪。ラーメンというものをわかっていない。星ひとつ”
長谷川、そんな赤星を見て、ため息。
赤星はそれに気づく。
赤星「(顔を上げて)ん?」
長谷川「いや…。ここ、なんでカメラ揺れてんですか?」
再現画像のカメラが揺れている。
赤星「うん。(嬉しそうに)手持ちで撮ったの。この男(再現画像の)の揺れる気持ちを表現しようと思って」
長谷川「いらないんじゃないですかあ。再現Vにそういうの」
赤星「…だよね」

作業を中断して、ヘッドホンを外して、じっと綾野剛を見る染谷将太。
その視線に気づき、顔を上げる綾野剛。
目線をそらしながら、疑問をぶつける染谷将太。
嬉しそうに理由を話す綾野剛。
冷たくあしらうように再びヘッドホンをつけ、作業に戻る染谷将太。
その後姿にややあっけにとられて、つぶやくように言葉を吐く綾野剛。

演出家・脚本家・映画評論家・演技講師・リーディング講師・ナイトメアプロダクションCEO の6つの顔を持つナイトメアシンジ

二人の動きや表情にキャラクターが垣間見える素晴らしい”自然で違和感のないスムーズな演技”。

綾野剛と染谷将太のこのシーンの凄さがわからないなら、実際に演じてみるといい。

演技の指導の難しさはここにあります。

毎日、”意識せずにやっている行動や会話”がカメラや照明のある中、あらためて自然に演技をすることの難しさ。出来るようになるには”反復”しかありません。

ちなみにこの映画「白ゆき姫殺人事件」は菜々緒が本格的に映画デビューを飾った作品でもあります。
(存在感はバツグン)

映画「白ゆき姫殺人事件」は井上真央の抑えた演技や蓮沸美沙子の迫力のある芝居、金子ノブアキの独特の雰囲気、将来性を感じさせる小野恵令奈など見どころがたくさんあります。

ナイトメアシンジ
あえて、批判を承知で言うと、貫地谷しほりはミスキャスト。(芸達者な役者なのに残念。役を掴みきれていない感じ)

お時間あれば、御覧下さい。

「演技。そして、その指導と映画『白ゆき姫殺人事件』について」を読んで下さった読者様へ

オススメしたい記事がありますのでコチラも併せて読んでみて下さい→→カルトsf映画『プラン9・フロム・アウタースペース』は見るべきか?

”今宵も悪夢は世界のどこかで誰かが見る”

(ナイトメア・シンジ)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】