映画『ハイウェイマン』は、ちょっと空いた時間に見るには最高かも

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

今日、ご紹介するのは映画「ハイウェイマン」(Highwayman)です。
アクションやスリラー好きなら気軽に楽しめる映画です。
上映時間は81分。
(時間も丁度良い)

映画「ハイウェイマン」は2004年2月13日に公開されました。
日本公開は2004年9月11日。

映画「ハイウェイマン」はいわゆるB級プログラム・ピクチャーのひとつと言っていい作品です。

[quads id=1]

B級プログラム・ピクチャーとは?

1930年代、低予算で短期間の撮影、上映時間も限定され、二本立て興行の中で添え物として上映されていたアメリカ映画。近年では、低予算の映画で特定の観客層の受けを狙ったホラー作品などに対して使われている。

映画「ハイウェイマン」の監督はロバート・ハーモン

監督のロバート・ハーモンはデビュー映画「ヒッチャー」(1986)でスリラー映画ファンを狂喜乱舞させた人。その映画「ヒッチャー」主演のルトガー・ハウアーは残念なことに2019年7月19日にこの世を去りました。

(ルトガー・ハウアーと言えば、シルベスター・スタローン主演映画「ナイトホークス」(1981年)のテロリスト役、リドリー・スコット監督のカルトSF映画「ブレードランナー」(1982年)のレプリカント。作品的には今ひとつですが、筆者が敬愛するサム・ペキンパーの映画「バイオレント・サタデー」(1983年)の事件記者。

こちらは佳作、リチャード・ドナーの中世ロマンス映画「レディホーク」(1985年)でミシェル・ファイファーの恋人の騎士。筆者は大好き、座頭市をベースにしたアクション映画「ブラインド・フューリー」(1989年)の居合いの達人で盲目のベトナム帰還兵。たくさんの素敵な作品を残してくれてありがとうございます。心からご冥福をお祈りします

映画「ハイウェイマン」の出演

レニー役にジム・カヴィーゼル


画像出典元:www.looper.com

モリー役にローナ・ミトラ


画像出典元:Wikipedia

ジム・カヴィーゼルと言えば、1998年のテレンス・マリック監督の戦争映画「シン・レッド・ライン」と2004年にイエス・キリストを演じた映画「パッション」です。

(筆者的には2000年公開SFタイム・パラドックス映画「オーロラの彼方へ」も捨て難い。おすすめ)

ローナ・ミトラは2008年の拾い物イギリスSFサバイバル映画「ドゥームズデイ」と筆者大好きケイト・ベッキンセイルのアンダーワールドシリーズの前日譚を描いた2009年「アンダーワールドビギンズ」が有名ですが、最近ではテレビシリーズで活躍が目立ちます。

(新型ウイルスによって人口が激減した世界で駆逐艦が活躍するTNT発SFテレビ・シリーズ「ザ・ラストシップ」のメインキャラ、レイチェル・スコット博士や、2014年から放送のFXチャンネルのギレルモ・デル・トロが監督も務めた壮大なホラーテレビ・シリーズ「ストレイン沈黙のエクリプス」のシャーロット役など)

車で女性を殺していく連続殺人鬼ファーゴにコルム・フィオール


画像出典:www.listal.com

(2008年のアンジェリーナ・ジョリー主演でクリント・イーストウッド監督の佳作映画「チェンジリング」のデーヴィス市警本部長の演技が素晴らしい。敵役の親玉の見本です)

では、映画「ハイウェイマン」のあらすじをご紹介しましょう。

映画「ハイウェイマン」あらすじ

レニーは目の前で最愛の妻をひき逃げされてしまう。

犯人は72年型キャデラック・エルドラドを駆って、女性を殺すシリアル・キラーのファーゴ。

レニーはファーゴを追跡するが、事故を起こしてファーゴに大怪我を負わせてしまう。レニーはその事故のために服役させられる。

全身を義体化したファーゴは病院を脱走し、再び、キャデラック・エルドラドで女性を殺し始める。
5年の月日が経つ。

レニーは68年型プリマス・バラクーダでファーゴの痕跡を追い続けていた。

やがて、レニーは事故に遭い、同乗していた友人がファーゴにひき殺されてしまったモリーに出会う。

生き残ったモリーはファーゴの新たなる標的だった。レニーはモリーと協力して犯人を追い詰めようとする…。

[quads id=2]

映画「ハイウェイマン」における演技とセリフについて

演出家・脚本家・映画評論家・演技講師・リーディング講師・ナイトメアプロダクションCEO の6つの顔を持つナイトメアシンジ

シリアルキラー役のコルム・フィオールの演技がいい。
(全身義体の悪役なんて、発想も良いでしょ?)

モリーは幼い頃、父の運転する車で交通事故に遭って両親を失くし、自身も大怪我を追い、車の運転にトラウマを持っていた。そのモリーに無理やり運転を教えようとするレニー。

それに対し、モリーは「I can’t」(できない)と小さく答える。
このセリフがいい。

短いセリフにこそ、人格や所作が現れます。アクター(演技者)の腕の見せどころでもあります。アクターの質で映画は決まるのです。 

筆者もよく、良い役者になるためにどうすれば良いか?と聞かれます。

まずは、台本を使っての練習。いわゆる反復が必要です。(ここからは演技とセリフの話になります)

演技練習用セリフはどうすれば手に入るか?

手っ取り早いのは、講師に習う。
(ほとんどの講師がテキスト、演技練習用の台本を持っている)

ナイトメアシンジ
あるいは、自分で作る。
好きな映画やテレビから書き起こす。
それを演技練習用セリフとして何度も読む。
(誰かに見てもらうことは必要。人間100パーセント自分を客観的には見れない)

いい演技の影に練習あり

映画「ハイウェイマン」はB級プログラム・ピクチャーのおすすめ。
是非、御覧下さい。

”今宵も悪夢は世界のどこかで誰かが見る”

(ナイトメア・シンジ)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】