映画 『悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス』がすごい。マシュー・マコノヒーのイッちゃった 演技はおすすめ

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

今日ご紹介するのは、マシュー・マコノヒーのイッちゃった 演技がすごい おすすめ 映画 「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」です。

映画「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」はアメリカ映画。

マスターフィルムがニューヨーク近代美術館に永久保存されることとなった、あまりにも有名なトビー・フーパー監督のホラー映画の金字塔「悪魔のいけにえ」(1974年)のシリーズ第4作目の作品です。

日本公開は1995年10月21日公開。
上映時間は96分。

原題は「Texas Chainsaw Massacre: The Next Generation」
日本でDVD化はされていません。

監督・制作・脚本はキム・ヘンケル
キム・ヘンケルは 1946年1月19日 アメリカ合衆国生まれ。映画「悪魔のいけにえ」(1974)でトビー・フーパーと共同で脚本を執筆。同じくトビー・フーパー監督「悪魔の沼」で脚本。本作「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」(1986)で監督に進出。トビー・フーパー監督「悪魔のいけにえ」のリメイク映画「テキサス・チェンソー」や「テキサス・チェンソー ビギニング」にも関わっています。
出演はジェニー役にレネー・ゼルウィガー


画像出典元:ウィキペディア(Wikipedia)

(ご存知、イタい女性を共感を持って描いた「ブジット・ジョーンズの日記」(2001年)の主演が光りますが、筆者はあえて、南北戦争時代の傑作映画「コールド・マウンテン」(2003年)。本件とは関係ありませんが、ジュード・ロウが故郷に辿り着く場面は泣く。レニー・ゼルウィガーと言えば、ニコール・キッドマンのお守り役ルビーの演技です。アカデミー助演女優賞受賞していますし

殺人鬼家長男ビルマ-・ソーヤ役はなんとマシュー・マコノヒー


画像出典:www.excite.co.jp

(マシュー・マコノヒーと言えば、2005年と2007年に雑誌「ピープル」で”最もセクシーな男性”に選ばれています。演技派俳優としても評価が高く、2013年公開映画「ダラス・バイヤーズクラブ」では、HIVに感染した主人公を演じ、第86回アカデミー賞主演男優賞を受賞しています。筆者は原作も大好きなアイクル・コナリーのミステリー小説を映画化した「リンカーン弁護士」(2011年)を高く評価しています。うん。クリストファー・ノーラン監督のSF映画「インターステラ」(2014)も捨てがたい)

終盤にマリリン・バーンズもチョイ役出演しています

映画「悪魔のいけにえ」ヒロインのサリー役です

後のオスカー俳優が二人も出ているのはすごい
今やハリウッドを代表する二人の演技派が”無名時代に共演したホラー映画”というだけで価値があるかもしれません。

では、映画「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」あらすじ
を簡単に概略だけご紹介します。

映画「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」あらすじ

1973年8月18日、テキサスの片田舎で起きた血も凍るようなチェーンソーを使った惨劇。
犯人らは全員逮捕ということもなく、姿を消した。

以降、同様の事件が2件起きたにもかかわらず、警察は沈黙を守っていた。それから、長い月日が流れた…。

1996年5月22日夜。
再び、事件の幕が開く。

ジェニーと恋人のショーンは、友人のへザーと彼氏のバリーとともにプロムナイトを抜け出し、車に乗る。山中で道に迷った彼らは、別の車と接触事故を起こしてしまう。相手がケガをして意識を失ったため、ジェニーらは助けを求めて森の中をさまよう。

親切なダーラという女性にようやく出会い、助けを求めるジェニーたち。

だが、ダラーは実は主人のヴィルマ、次男のW.E.、そして人肉で作った覆面を被った怪物レザーフェイスと暮らす恐るべき殺人鬼一家の一人だった。そうとも知らず、若者たちはまた一人、また一人と彼らのえじきになってゆく…。

映画「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」のおすすめ度

「悪魔のいけにえ2」(1986年)と「悪魔のいけにえ3レザーフェイス逆襲」(1990年)ら、前2作とは異なり、1作目のムードを再現した演出が特色。
(内容自体は前作とはつながりがない)

鮮血が飛び散ったりもない。夜のしじまを破り、木立をチェンソーで切り裂いたり、昼間に暴れまわるレザーフェイスの場面などはオリジナルへのリスペクトが感じられる。
(このあたりはおすすめポイントかな) 
マシューマコノヒーの演技へのこだわりが感じられる作品
車で若者を轢く、自らの身体をナイフで傷つける、おんなの子の頭を踏みつけるときの恍惚の表情がすごい

レニー・ゼルウィガーはホントに地味。
(頑張ってる感はあり)

映画「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」は傑作?

何しろ、オリジナルのインパクトが強すぎる。
”柳の下に二匹目のどじょうはいない”

ナイトメアシンジ

リモコンで動く義足のマシュー・マコノヒーとか、オカマみたいに奇声を上げ、女装するレザーフェイスとか、殺人鬼一家の影に政府の暗部がシンクロしたりとか、アイディアはところどころ悪くはないが、正直、消化不良。

ヒロインが健気で可愛いとか美人なら感情移入もできるが、それもない。(トビー・フーパーとキム・ヘンケルはそこにも”リアルさ”を求めているのかもしれない。”君子、危うきに近寄らず”のことわざ通り、美人や聡明な可愛い女の子は危ないところには近づかない)

この映画「邦題は「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」なのに、レザーレザーフェイスのインパクトより、マシュー・マコノヒーの印象が強すぎ。演技がすごい おすすめ

この作品もまた、オリジナル「悪魔のいけにえ」の呪縛から逃れられないといったところか。(残念。東京オリンピックの観戦チケットに落選したくらい悲しい。応募してないけど) 

鬼才トビー・フーパーは2017年8月26日に74歳で亡くなりました。
ご冥福をお祈りします。
(すごい映画を残した)

ナイトメアシンジ

さて、この映画「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」ですが、「悪魔のいけにえ」に心酔しているナイトメア・リュウタの感想も聞いてみたいところ。

次回は人間が怖い日本映画「赤い殺意」をご紹介します。
お楽しみに。

「マシュー・マコノヒーのイッちゃった 演技がすごい おすすめ 映画 「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」」を最後まで読んで下さった読者の皆様へ

マシュー・マコノヒーのイッちゃった 演技がすごい おすすめ 映画 「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」を読んでくれた方にオススメしたい映画がありますのでコチラの記事も併せて読んでみて下さい→→日本ヤクザ映画史に残るカルト『仁義の墓場』についての考察

”今宵も悪夢は世界のどこかで誰かが見る”

(ナイトメア・シンジ)

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】