ナイトメア・シンジが勝手に選ぶ”演技が上手い俳優ランキング女優編

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】
今日は筆者が独断(ヒイキも入っていると言うこと)と偏見(若手に限るということ)で”演技が上手い俳優ランキング”を発表します。 

今回は”女優編”!(おそらく、女性が好きだということ)

BEST5です。(最後に何人か挙げるけど、迷った末のランキングだということ) 苦情は一切、受けつけません。(ですから、興味があるヒトだけ読んで下さればということ)

演技が上手い女優ランキング第1位は二階堂ふみ


出典元:eiga.com

(天邪鬼なのでトップから紹介するということ)

二階堂ふみは1994年9月21日生まれ。
沖縄県那覇市出身。
ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

12歳の時に「沖縄美少女図鑑」Vol.4掲載のグラビアがもとでスカウトされ芸能界入り、ファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルになる。

2007年にテレビドラマ「受験の神様」で女優としてデビュー。二階堂ふみの名を世間に知らしめたのは、2012年に公開された園子温監督映画「ヒミズ」。

この映画「ヒミズ」で第68回ヴェネツィア国際映画祭、日本人初となるマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)を共演の染谷将太とも受賞しました。

翌2013年には映画「ヒミズ」と伊藤英明主演映画「悪の教典」で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

筆者的には映画「脳男」で見せた”眉毛のない爆弾魔で連続無差別殺人犯”緑川紀子です。駐車場での生田斗真との死闘は必見。(時折、見せる狂気のスマイルと首を絞められた時の表情芝居はさすが)

筆者的には、だからこそ、フジテレビ系ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」の姫川玲子は残念で仕方ありません。(前任者竹内結子のイメージが強すぎ。引き受けるべきではなかった。頑張っていますが、あきらかにミスキャスト)

演技が上手い女優ランキング第2位は杉咲花


出典:eiga.com

杉咲花は1997年10月2日生まれ。
東京都出身。研音所属。

子役時代は「梶浦花」の芸名でスターダストプロモーション芸能4部に所属。

中学生になって改めて女優になりたいと思い立ち、憧れだった志田未来が所属している研音に所属、芸名を「杉咲花」に変更。

CM「味の素Cook Do」で山口智充と共演、”回鍋肉を豪快に食べる美少女”として話題になる。2013年1月放送TBS系ドラマ「夜行観覧車」で家庭内暴力を振るう娘役を見事に演じて見せる。

筆者が挙げるのは2016年佳作映画「湯を沸かすほどの熱い愛」です。宮沢りえが登校拒否をする杉咲花をベットから引きずり出す“魂の演技シーン”は間違いなく映画史に残る。(日本アカデミー賞ほか各映画賞の助演女優賞を受賞)

コミカルな役もシリアスな演技もこなす。コケテッシュな香りはないけど、それが持ち味かも。

演技が上手い女優ランキング第3位は松岡 茉優


画像出典元:eiga.com

松岡 茉優は1995年2月16日 生まれ。
東京都出身。
ヒラタインターナショナル所属。

2008年、おはガールとしてテレビ東京、朝の番組「おはスタ」に出演し、本格デビューを果たす。2013年、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に入間しおり役で出演。プチブレイク。

2017年12月公開映画「勝手にふるえてろ」で映画初主演。(「第30回 東京国際映画祭」コンペティション部門に出品、「観客賞」を受賞)

筆者が舌を巻いたのは、広瀬すず主演映画「ちはやふる-下の句」(2016年)、「ちはやふる -結び- 」(2018年)の若宮詩暢 役です。

特に広瀬すずと松岡茉優の最初の試合のシーンは最高。(”日本映画界のこれから”を背負って立つ二人の共演は身震いする)

松岡茉優の特徴は”成りきり感”だろう。ある意味、神がかっている芝居をする俳優。世間に認知されるまで時間がかかっている分、これからが期待。

演技が上手い女優ランキング第4位は、有村 架純


画像出典:eiga.com

有村 架純は1993年2月13日生まれ。
兵庫県伊丹市出身。フラーム所属。

2013年4月1日から放送されたNHK連続テレビ小説 [あまちゃん]で、小泉今日子演じる主人公天野アキの母親春子の若かりし頃を演じて大ブレイク。

2016年主演映画「映画 ビリギャル」で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞受賞。

筆者のオススメは、2017年3月前編・4月後編公開映画「3月のライオン」の主人公神木隆之介演じる桐山零の姉 幸田香子 役。有村架純が神木隆之介の意地悪で色気のある義姉を見事に演じている。有村架純の数少ない悪女役。(楽しそうに芝居している。男を惑わす悪女は合う)

有村架純が神木隆之介の部屋を訪ねるシーンの演技は絶品。 純粋可憐な役はもちろん、小悪魔的な役も出来る貴重な若手女優。(なにしろ可愛い)

演技が上手い女優ランキング第5位は芳根京子


画像出典:eiga.com

芳根 京子は1997年2月28日生まれ。
東京都出身。
ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。

都立高校1年生の時、友人に誘われて行った遊助のライブ会場でスカウトされ芸能界入り。2013年に篠原涼子主演フジテレビ系ドラマ「ラスト♡シンデレラ」で女優デビュー。

2014年公開映画「物置のピアノ」の福島・東京で行われたオーディションで選ばれ、映画初出演にして初主演。土屋太鳳とダブル主演を務めた2018年公開映画「累 -かさね-」と岡田准一主演映画「散り椿」で、第42回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。

映画「散り椿」は映像はキレイ(もちろん日本が誇る木村大作ですから)だが、映画としては”独り善がり“で”安易な作り“で閉口しますが、出番は多くないもの芳根京子の存在感は圧倒的。少ないシーンで存在感を残す天性の女優。

本人は否定しているが、”オーディション荒らし”の噂(芳根京子が来てたら、その日は諦めたほうが良い)が実しやかに語られるのはわかる気がする。

まだまだ出演作は少ないが、(CMは多数。どれも良い)これから期待の若手女優の一人。

ナイトメアシンジ
演技が上手い俳優ランキングで5人挙げましたが、天才と言われた子役から復帰、今クールの天海祐希主演テレビ朝日系列ドラマ「緊急取調室」で爪痕を残した吉川愛。

映画「響-HIBIKI-」(2018)で役者としての片鱗を覗かせた初主演の欅坂46の平手友梨奈。

「ディストラクション・ベイビーズ」(2016年)の那奈役の体当たり演技は若手女優屈指、小松菜奈。

映画「海街diary 」(2015年)の8か月もの時間をかけた撮影で覚醒した広瀬すず。
この4人も捨てがたい。(それほど若手俳優、特に女優は層が厚いということ)

次回は 演技がすごい 映画 おすすめ 『悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス』マシュー・マコノヒー です。お楽しみに。

”今宵も悪夢は世界のどこかで誰かが見る”
(ナイトメア・シンジ)

「ナイトメア・シンジが勝手に選ぶ”演技が上手い俳優ランキング女優編」を最後まで読んで下さった読者の皆様へ

演技が上手い俳優ランキング女優編」を読んでくれた方にオススメしたい記事がありますのでコチラも併せて読んでみて下さい→→日本映画『幻の湖』がカルト映画と呼ばれるまでの道程

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】