映画「殺し屋1」は、いまや、日本が誇る映画監督の三池崇史のオススメスプラッター映画

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

脚本家・演出家・演技トレーナー・映画評論者のナイトメアシンジです。

今日ご紹介するのは、
日本のオススメスプラッター映画「殺し屋1」です。

映画ファンが好きか嫌いの両極端に分かれる映画監督三池崇史のスプラッター映画。うららかな春の午後、さくっと目の覚めたい方にオススメです。
但し、血が苦手な方はご遠慮ください。

クエンテイン・タランティーノもお気に入りのこの映画「殺し屋1」はR-18指定です。
(またまた 、成人指定映画のご案内で誠に恐縮です)

この映画「殺し屋1」は本来R-18指定は性描写に対するものが全てでしたが、暴力描写による初のR-18指定映画です。取り上げないわけにはいきません。
(いきませんよね?)

映画「殺し屋1」の原作は山本英夫の同名漫画です。
「殺し屋1」は週間ヤングサンデーに連載された山本英夫の代表作。
過激な暴力描写が特長で単行本の累計発行部数はなんと約500万部の大ヒット作品です。
(読んでいた方も多いと思います)

映画「殺し屋1」は日本・香港・韓国の共同制作です。

日本では2001年12月22日に公開されました。
上映時間は128分。
(あまり長く感じない)

映画「殺し屋1」は鬼才三池崇史監督が新宿歌舞伎町を舞台に殺し屋VSヤクザの死闘をいつも通り鮮烈に描くバイオレンス・アクションです。
(間違いなくカルトムービーですな)

監督は前述しました1995年から数多くの映画を撮り続けている三池崇史。
(詳しくは三池崇史監督の特集記事を御覧下さい)

脚本は映画監督や役者もこなす佐藤佐吉。
(1999年、ゆうばりファンタスティク映画祭グランプリ犬童一心監督映画「金髪の草原」にて脚本家デビュー。初劇場映画監督作品は2005年、「東京ゾンビ」。役者としても、クエンティン・タランティーノ監督アメリカ映画「キルビル」や内田けんじ監督の佳作日本映画「アフタースクール」、筆者大好き黒川博行原作疫病神シリーズ!の映画化「破門」などに出演しています)

余談ではありますが、
「殺し屋1」には、オリジナルビデオ作品「1_イチ_」もあります。
(イチの学生時代を描いた作品。千原浩史が高校生役を怪演。いや、千原ジュニアがフツーに制服を着て喋っているだけだな)

殺し屋イチの過去を明かしたOVA作品「殺し屋1 THE ANIMATION EPISODE.0」では三池崇史監督は垣原役を演じています。
(声優もやるんだ)

映画「殺し屋1」の出演陣は一癖もニ癖もある役者が勢揃いで、このへんはオススメ度高し。

泣き虫凄腕殺し屋イチ役に大森南朋。
(原作を踏襲。もう、ハマり役)

究極のマゾヒストで安生組若頭垣原役は浅野忠信。
(マーティン・スコセッシ監督も見ていた浅野忠信しかできない役。煙草の煙が両頬の傷からモクモクと噴出すシーンは一度見たら忘れません)

元警官の鉄砲玉でイチを助けたことのある金子役はSABU。
(現在は主に映画監督)

イチを影で操るジジイ役を塚本晋也。
(映画「鉄男」。こちらも特集記事あります。お時間あれば、御覧下さい)

双子の悪徳刑事を二郎と三郎に二役を松尾スズキ。
(ご存知劇団「大人計画」の主催者。こういう変態っぽい役は合います)

船鬼組幹部鈴木役寺島進。
(フックで吊るされる痛い役)

インテリヤクザ船鬼組長を國村隼が演じている。
(最近では日本映画だけでなく韓国映画にも出演。2016年の韓国映画「笑声/コクソン」では韓国国内の映画賞も受賞)

そのほかにも今や名脇役の木下ほうかやモロ師岡も出ています。
(木下ほうかもバッサリ殺られてます)
筆者的には垣原の手下藤原役手塚とおるが存在感があってイイと思います。

では、
日本のオススメスプラッター映画「殺し屋1」
のあらすじを簡単にご紹介しましょう。

(今回はざっとです)

オススメスプラッター映画「殺し屋1」あらすじ

東京新宿歌舞伎町が舞台。ヤクザマンションと呼ばれるビルに事務所を構える安生組の組長が突然、3億円と共に姿を消した。安生組若頭の垣原は組長捜しに乗り出す。

組長は実は殺されていた。犯人は謎の手配師・ジジイ。ジジイはマインドコントロールした靴の踵に鉄の刃を仕込む泣き虫殺し屋のイチに組長殺しを命じたのだった。

ヤクザ壊滅を密かにもくろむジジイの企みで垣原、安生組、双子のサド刑事の二郎と三郎、敵対する船鬼組や幹部の鈴木らを巻き込んで歌舞伎町は殺戮の街と化す。やがて、垣原は組長殺しの刺客がイチであることを突き止める…。

細かい描写は省きます。
オススメスプラッター映画です。

スプラッター映画としての「殺し屋1」

三池崇史監督のグロさ100%炸裂。
映画「殺し屋1」は全編血しぶきの嵐。
殺し屋1の華麗な足さばきの殺しで人体の色んな場所を切ってみせます。
原作のグロさをきちんと踏襲しています。
気持ち悪いといえば、気持ち悪い。
(面白い作品でもある)

映画「殺し屋1」はなぜオススメなのか?

豪華というか渋い俳優陣は見逃せない。
泣き虫殺し屋イチは間違いなく大森南朋の代表作と言ってもいい。
(屈折した変態ぶりは圧巻)

浅野忠信も強烈なインパクトを残します。

頑張っている日本の俳優陣は見る価値あり。

「スプラッター映画が好きならオススメの日本映画『鬼畜大宴会』とは?』は但し、心して見るべし」を最後まで読んで下さった読者の皆様へ

皆さん、ホラー王子(ナイトメアリュウタ)の兄貴分で脚本家・演出家・演技トレーナー・映画評論者のナイトメアシンジです。

記事を最後まで読んでくれた方にオススメしたい映画がありますのでコチラの記事も併せて読んでみて下さい→→スプラッター映画が好きならオススメの日本映画『鬼畜大宴会』とは?

(ナイトメア・シンジ)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】