邦画『LSD -ラッキースカイダイアモンド』は発売を一時見送られたトラウマ映画

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

脚本家・演出家・演技トレーナー・映画評論者のナイトメアシンジです。

恐、もとい、今日、ご紹介する邦画は「LSD -ラッキースカイダイアモンド」です。

またまた、18禁映画です。
すいません。

トラウマ映画 邦画 「LSD -ラッキースカイダイアモンド」は、オクラ入りになりかかった、いわくつきの映画です。

邦画「LSD -ラッキースカイダイアモンド」は1990年にジャパンホームビデオから発売されました。

(ジャパンホームビデオの代表作は菊地秀行原作のアニメ映画作品「妖獣都市」や、日本初のスプラッタホラーとして知られる映画「死霊の罠」、「監禁逃亡」シリーズや「けっこう仮面」(実写版)シリーズなどがある)

邦画「LSD -ラッキースカイダイアモンド」は、”ギニーピッグ”シリーズの7作目のオリジナル作品として企画制作されました。

(ギニー・ピッグシリーズとは、特撮技術を用いて、人体切断などのスナッフフィルムの再現や残酷描写を主眼としてスタートしたシリーズ)

邦画「LSD -ラッキースカイダイアモンド」がオクラ入りになりそうになった経緯

1989年、連続幼女誘拐殺人事件加害者である宮崎勤の部屋から、「ギニーピッグ4」が押収。

以降、残酷描写のある作品を鑑賞した人間に悪影響を及ぼすという風潮が高まり「ギニーピッグシリーズ」は有害図書指定となった。邦画「LSD -ラッキースカイダイアモンド」売直前に”宮崎事件”が発生。

「ギニーピッグシリーズ」として企画制作されたために、一旦オクラ入りになる。
1990年に「ギニーピッグ」の冠を外してようやく発売された。

監督・脚本は映画「死霊の罠2/ヒデキ」を手掛けた橋本以蔵。
出演はヨーコ役に網浜直子。
(代表作は映画人間交差点・道(1993年) かな?)

姉の桜子役に中村れい子。
(筆者には映画「水のないプール」が印象的。上手ではないけど、好きな女優さんです。「水のないプール」は1982年2月20日に公開された若松孝二監督、内田裕也主演による佳作日本映画。窓の隙間からクロロホルムを注入して部屋の中の女性を眠らせた後、侵入して性的暴行を働く男が主人公の作品。1980年に宮城県仙台市で実際に発生して世間を震撼させた同様の手口による性犯罪”仙台クロロホルム連続暴行魔事件”に着想を得ています。撮影に営団地下鉄が協力しているため、内田裕也が改札で”切符切り”をしているシーンがあります。内田裕也さんのご冥福をお祈りします)

片山院長役は佐野史郎。
(コノ人、なんでもやるなー)

では、では、
トラウマ映画 邦画「「LSD -ラッキースカイダイアモンド」のあらすじを説明します。

トラウマ映画 邦画 「LSD -ラッキースカイダイアモンド」あらすじ

毎日、不気味な悪夢にうなされつづけるヨーコは、恋人で医師でもある片山が院長を務めるクリニックに入院しているが、姉の桜子の看病も空しく症状がいっこうに回復しない。

ヨーコの容体に疑問を持った桜子は、片山に問いただす。片山はヨーコは”深刻な精神障害”を患っており、治すには脳を手術するしかないと言う。

ヨーコは桜子や片山の強引な説得に、半信半疑ながらも手術に同意。だが、桜子と片山は手術によって開頭されて晒されたヨーコの脳を弄りながら、性行為に興じたり、手術後にもさらに狂気じみた行動や言動でヨーコを身も心もズタズタに蝕んでいく。

恐怖から桜子と片山から逃亡しようとするヨーコ。ヨーコに狂気を露わにして襲い掛かる桜子と片山。

やがて、ヨーコに断片的に記憶が蘇る。ヨーコは歓楽街で拉致され、片山と”実は姉ではない女”に無理やり、薬漬けにされ、患者に仕立てられていたのだった。

ヨーコは桜子と片山に逆襲して戦いを挑む。その72時間後、ヨーコは発見、救出される…。

映画「LSD -ラッキースカイダイアモンド」のトラウマ度

トラウマになります。

邦画「ギニーピッグ」シリーズはどれもヤバいです。
(トラウマ度高し)

この映画「LSD -ラッキースカイダイアモンド」もそう。

網浜直子はずーっと、叫んでいます。
(顔色悪いし)

ダンボールを被った佐野史郎と網浜直子の格闘シーンは無駄に長くてダラダラです。
(佐野史郎はなぜか白塗り)

ですから、途中から笑ってしまいます。
(ホント、ある意味、名シーン。必見)

全体的に冗長な演出は狙いなのか?そうでないのか?

出演者は3人。
(いわゆる密室劇)

ラストの平和的音楽も凄い。

まあ、一度、御覧下さい。
(ダラダラ度120パーセントですけど)

脳の手術シーンはトラウマ度高し。
(ドリルの音とか、ゴキブリとか)

佐野史郎の暴れっぷりも悪くありません。
(はっちゃけてる)

見終わって、何も残らないけど。
(トラウマは残る)

いろんな映画がありますね。

「トラウマ映画 邦画 LSDラッキースカイダイヤモンド」を最後まで読んで下さった皆様

皆さん、ホラー王子(ナイトメアリュウタ)の兄貴分で脚本家・演出家・演技トレーナー・映画評論者のナイトメアシンジです。

トラウマ映画 邦画 LSDラッキースカイダイヤモンド」の記事を最後まで読んでくれた方にオススメしたい映画がありますのでコチラの記事も併せて読んでみて下さい→邦画『インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜』はオクラ入りになりかかった最恐トラウマ映画

(ナイトメア・シンジ)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】