映画『ジャッカルズ』はカルト宗教の恐ろしい実話を映画化した作品らしい

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

脚本家・演出家・演技トレーナー・映画評論者のナイトメアシンジです。

カルト宗教映画「ジャッカルズ」は2017年に公開されたアメリカ映画です。

1980年代に実際に起きた事件を元に作られたスリラー映画という触れ込み。

(残念ながら、元ネタが詳しくわからない)

映画「ジャッカルズ」は、あのソリッドシチュエーションスリラー映画「ソウ」シリーズの編集を長らく手がけてきたケヴィン・グルタート監督の作品です。

(ソリッドシチュエーションスリラー映画とは、登場人物が未知の空間に閉じ込められたり、意図しない状況に立たされ、それをどう打開していくか?を描いた映画のことです。お化けやゾンビが出て来ないのも特長です)

監督のケヴィン・グルタートは映画「ソウ6」で長編映画監督デビュー。

(映画「ソウ6」は長い「ソウ」シリーズの中では、まあまあの出来です。それより、あの佳作スリラー映画「パーフェクト・トラップ」(2012)の編集もケヴィン・グルタートは手がけています。もしかして、凄い人なのかも。

ほら、映画「パーフェクト・トラップ」と言えば、知る人ぞ知る。こちらも佳作スリラー映画「ワナオトコ」(2009)の続編ですよ。何、どちらも見てない?見なさい?見るべき、見ましょう!)

出演は、デビッド・クローネンバーグ監督の映画「クラッシュ」(1996年)のデボラ・カーラ・アンガーが母親キャシー役を。

(セクシーでした)

ウェズリー・スナイプスのバンパイア・アクション映画「ブレイド」のスティーヴン・ドーフがカルト対策専門家ジミー役を演じています。

(ほんとにこの人はいい人に見える)

このカルト宗教映画「ジャッカルズ」は2018年1月に”未体験ゾーンの映画たち2018”の中で、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開されました。

”未体験ゾーンの映画たち2018”は

日本で劇場公開されていない注目作や新作を集めた映画の特集上映です。

映画「ジャッカルズ」の上映時間は86分。

(時間は、スリラー映画としては丁度良しのような気がするはずなのに…長い!)

では、映画「ジャッカルズ」のあらすじをご紹介します。

[quads id=1]

カルト宗教映画「ジャッカルズ」あらすじ

1983年、アメリカ。

パウエル一家はカルト宗教教団に入信してしまった息子ジャスティンを取り戻すため、母親のキャシー、父親のアンドリュー、そして、ジャスティンの兄のキャンベル、ジャスティンの恋人サマンサの4人で、カルト教団対策の専門家であるジミーを雇い、ジャスティンを教団から強制的に拉致する。

彼らはジャスティンを人里離れた山荘に監禁し、洗脳を解くための治療を開始するものの、ジャスティンは自分の名は”タナトス”と名乗り、家族の度重なる説得にもまったく耳を貸さない。

その夜、動物の仮面を被った狂気のカルト宗教集団“ジャッカルズ”が山荘を包囲。

ジミーはカルト宗教集団”ジャッカルズ”を甘く見ていたことを後悔する。

”ジャッカルズ”はゆっくりと屋内への攻撃を開始する。

パウエル一家は必死に力を合わせて戦うが、カルト宗教集団”ジャッカルズ”に次第に追い詰められていく。

孤立無援の恐怖の夜は更けてゆく。

そして…

”あなたの目撃する史上最悪のバッド・エンド”

が謳い文句のこの映画「ジャッカルズ」です。

さすがに、ここでは結末は申し上げられません。

(強いて言えば、サマンサとジャスティンの間には幼い赤ん坊がいます)

映画「ジャッカルズ」はカルト宗教VSフツーの家族という面白くなりそう図式は成功しているのか?

残念ながら成功していない。

”実際にあった事件を基に”という約束事が実は物語の奥行きを狭めている気がしてならない。

(設定がやや近い2011年公開のスリラー映画「サプライズ」には、遠く及ばない)

カルト集団がよくわからない。

(不気味さを全面に出したつもりなんだろう。ジョン・カーペンター監督のカルト映画「要塞警察」(1976)を意識してるのかもしれないけど)

パパは強いのはいい。

(カルト専門家もっと、がんばれー)

人間の遠吠えはどうなんだ?

(筆者はやや興ざめ)

カルト宗教の狐マスクの女性信者をもう少しフィーチャーしてもいい。

(あるいは、カルト教組)

ブランコ越しの逆光なんか、ワクワクさせられるのに。

なにはともあれ、カルト宗教映画「ジャッカルズ」は色々、細かいところで惜しい。

”痒いところに手が届かない”

そんな映画。

[quads id=2]

「映画『ジャッカルズ』はカルト宗教の恐ろしい実話を映画化した作品らしい」を最後まで読んで下さった皆様

皆さん、ホラー王子(ナイトメアリュウタ)の兄貴分で脚本家・演出家・演技トレーナー・映画評論者のナイトメアシンジです。

カルト宗教映画『ジャッカルズ』の記事を最後まで読んでくれた方にオススメしたい映画がありますのでコチラの記事も併せて読んでみて下さい→”カルト宗教の教組は藤原竜也”と言う意外なキャスティングのカルト宗教映画『I’M FLASH!』を語ろう

(ナイトメア・シンジ)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】