アニメ映画をあなどるなかれ。「A KITE」はカルト

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

今日、ご紹介するのは、アニメ映画「A KITE」です。

アニメ映画「A KITE」は1998年2月25日にグリーンバニーから発売されました。
グリーンバニーはアダルトアニメの制作・販売レーベルです。

アニメ映画「A KITE」も全2巻のアダルト・アニメとして発売されました。
(いわゆる18禁)

当初は、良い子の皆さんは御覧になることは出来ませんでしたが、2000年7月25日にセックス・シーンが削除されたR指定が発売。(国内外で評判になったためです。この辺でカルト映画ですね)

原作・脚本・監督は梅津泰臣。

アニメーターとして、「幻魔大戦」、「SF新世紀レンズマン」、「機動戦士Zガンダム」など数々のアニメを手がけています。(そのスジではかなり有名)

タイトルの「A KITE」は凧を意味しているようです。

では、あらすじを見ていきましょう。

アニメ映画「A KITE」あらすじ

映画評論家兼、舞台演出家のナイトメアシンジです。

まずカルトアニメ映画『A KITE』ってなに?という人のために【あらすじ】を紹介していきましょう

 

女子高生と殺し屋という2つの顔を持つ美少女・砂羽。砂羽は12歳の時、両親を無残に殺され、赤井に引き取られ、殺人テクニックを仕込まれて育てられる。赤井は警察の鑑識員で、実は砂羽の両親を惨殺した犯人。赤井は砂羽を清性の対象としても扱う。

泥沼のような世界に生きる砂羽が唯一心を許せる存在。それは同じ殺しの世界に生きる凄腕の少年の音不利だった。砂羽と音不利は互いに同いに惹かれ合うが、砂羽は組織との決別した、音不利の”始末”を命じられる…。

今回はネタバレなし。

アニメ映画「A KITE」はカルト

アニメーションならではの豪快なアクション。
拳銃と小型爆弾を駆使して、男どもをなぎ倒してゆくヒロイン。
(音不利も何気にカッコイイ)

アニメ映画「A KITE」は評価が高い作品です。国内では「GANTZ」などで有名な漫画家の奥浩哉や「攻殻機動隊」の士朗正宗、「ウィングマン」の桂正和。

海外では映画監督のクエンティン・タランティーノ、ロブ・コーエンなどがこのアニメ「A KITE」を絶賛しています。まさにカルト映画です。

このマンガがすごい!2018年オトコ編(宝島社)でベスト10入りした浅井蓮次/沢田新の「バイオレンス・アクション」なんか、モロにこのアニメ映画「A KITE」の影響受けている感じだし。(ゆるかわヒットガール”ケイ”です。一度、御覧になってください。面白い!)

2008年3月21日はアニメ映画「A KITE」の続編に当たる「KITE LIBERATOR」も発売されています。(こちらは18禁でもR指定でもありません。カドが取れた作品。カルトではない)

また、2014年には、アメリカとメキシコの共同制作で実写版「カイト/KITE」も制作されています。(実写版は凧が上がっているシーンあり)

こちらは評価が分かれる作品。主演はオリビア・ハッセーの娘、インディア・アイズリー。(オリビア・ハッセーを知らない?1969年公開映画「ロミオとジュリェット」でゴールデングローブ新人賞を受賞した絶世の美女。歌手の布施明の元奥さんです)

サミュエル・L・ジャクソンが出演してます。(サミュエルは良い作品、ダメな作品色々出演してます。エージェントは作品を選ばないんだろうか?個人的意見です)

実写版「A KITE」筆者はやや物足りなく感じました。

原作は超えられず。(あくまで個人的な意見です)

タイトル「A KITE」の意味は主人公の砂羽と育ての親であり、仇であり、殺しの依頼人でもある赤井と結ばれている”凧”になぞらえています。

父と子。
男と女。
師匠と弟子。
凧は風に体を躍らせながら、上へ上と向かいます。
その糸は切れそうで切れない。

アニメ「A KITE」にはその危うさと切なさが同居している作品です。

人間の業です。
人間の感情って一筋縄でいきませんよね。
(筆者には赤い糸とも読めます。深読みすぎかも)

ラストまで目が離せない。
1998年の傑作カルトアニメ、必見です。

「アニメ映画『天使のたまご』は沈黙のカルト」を最後まで読んで下さった皆様へ

皆さん、ホラー王子(ナイトメアリュウタ)の兄貴分。ナイトメアシンジです。最後まで読んでくれた方にオススメしたい映画がありますのでコチラの記事も併せて読んでみて下さい→アニメ映画『天使のたまご』は沈黙のカルト

(ナイトメア・シンジ)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】