スプラッター映画 マーターズ 川剥ぎ (マドモアゼルの自殺に関する考察)

The following two tabs change content below.
アバター

ナイトメア・シンジ

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】

スプラッター映画 マーターズ 川剥ぎ (マドモアゼルの自殺に関する考察)

【動機の解明】

現実でも、自殺や殺人が起きた場合、その動機に着目することが多くあります。これが実際に起きた事件なら、本人に語らせれば決着のつく話ですが、これが映画だと違います。ちなみに僕は、本人が話したからと言って、それが必ずしも動機の本質だとは思いません。

言ってみれば読書感想文のようなもので、本の感想など、本に興味のない人にとっては、せいぜい「ああ、そう」くらいのもので、文章にするほど価値のあるものではないからです。それを原稿用紙〇枚以上書けと命令するから無理と書くわけで、そんな部分に本質の宿るはずはありません。

それはともかく、動機が何か、という疑問は、これが虚構の世界だったらきちんと説明する必要があります。作者としては、はじめから明確な動機など用意していなくて、視聴後(読後など)に違和感を残すことを目的にしている場合も考えられます。

作品に触れた側としても、この監督(あるいは作者)だったら、そんな結末だろうと想像することは可能です。が、作品の製作者ではなく、作品の登場人物に焦点を絞ってみるなら、そこには何らかの動機を求めたくなるものです。なので今回は、製作者の意図とは関係なく、動機について考えてみたいと思います。

【スプラッター映画として】

今回紹介する映画のタイトルは、「マーターズ」です。まずは、その内容を紹介いたします。ところで、この映画のジャンルなのですが、拷問や殺人をやる場面がたくさん出てきます。なのでスプラッター映画と類別されることが多くあります。

ですが、それはあくまでビジュアル的な側面でしかありません。もちろん、ビジュアル的な側面を期待してみるなら「スプラッター映画」と呼ぶこともできます。が、スプラッター映画の見どころとも言える殺害、拷問、とくにスプラッター映画の意味するところの「血しぶき」が映される場面は、それほど多くありません。

なので「飛び散る」「血しぶき」などを期待してこの映画を見ると、期待外れになることも考えられます。
ですが、もう少し視点を変えて見るなら、拷問によって「人が苦しむ場面」はいっぱい出てくるので、そういう意味にまでスプラッター映画という言葉を当てはめてみるなら期待できるかもしれません。

それはともかく、内容です。今回は動機に焦点を当てて書いてみるので、どうしてもネタバレが必要になってきます。

スプラッター映画 マーターズ 川剥ぎ (マドモアゼルの自殺に関する考察)

! 以下ネタバレ !

まず、頭を丸刈りにされた少女が発見されます。その少女の名前はリュシー。彼女は髪を刈られていたばかりではなく、全身にひどい傷を負っていました。

リュシーは心を閉ざした少女でしたが、養護施設に保護されてから、そこでともに暮らすことになったアンナという名の少女には心を開くようになります。

それから15年後、とある凄惨な殺人事件が発生します。一家惨殺。犯人はほかでもない、リュシーでした。リュシーが言うには、自分が養護施設に入る前は、ある人物たちによって監禁され、かつ拷問を受け続けていたのだといいます。リュシーを監禁していたのが、リュシーが殺した一家だったというのです。

はじめに、スプラッター映画としての要素は少ないと言いましたが、この惨殺のシーンが、マーターズスプラッター映画と呼べる理由となる、数少ない場面のひとつです。リュシーは、猟銃によって一家全員を射殺し、復讐を遂げたのです。

事件後に、アンナはリュシーに呼び出されてその家に行きますが、その現場でリュシーは自殺。アンナは、そこでひとりきりになってしまいます。

アンナは、その家で少し様子を見ます。すると、監禁、拷問をされている最中と思しき女性を発見。アンナはその女性を介抱しようとします。そこへある一団がやってきて、アンナは捕えられてしまいます。

いきなりのことで意味がわからずにいると、アンナを捕らえた一団のボス(マドモアゼル)は、こう説明をします。

「若い女性の場合、苦痛の果てにあの世を見ることができる者がいる。われわれは、その力であの世を見たものから、あの世がどのようなものか(あるのか、ないのか)を聞きたいと思っている。そのために、若い女性を監禁し、拷問している」

リュシーは、その被害者だったのです。そして、アンナが発見して介抱していた女性もまた、その被害者だったのです。

マドモアゼルの説明を聞いてわかるように、今度はアンナが、その犠牲者にされてしまいます。ところで、本編のタイトルになっている「マーターズ」ですが、この言葉には「致命者」「犠牲者」「殉教者」などといった意味にがあります。

つまり、拷問の被害に遭った女性たちは「死後の世界を知りたがるカルト集団の犠牲者(マーターズ)」だったということです。そしてアンナも拷問にかけられます。

その拷問ですが、もっとも壮絶なのは、「皮剥ぎ」であろうと思われます。「皮剥ぎ」の文字通り、アンナは顔以外の全身の皮膚を剥がされてしまいます。

小さいころに、遊んでいて転んで膝などを擦りむいた経験は多くの人があろうかと思います。たったあれだけでもそこそこに痛いというのに、「マーターズ」では全身の「皮剥ぎ」をやるわけですから、これは生半可な痛みではないことは容易に想像がつきます。

もちろん、アンナは皮剥ぎ以外のさまざまな拷問を受けることになります。そして、その果てに、(おそらくは皮剥ぎを最後のきっかけに)アンナはついに死後の世界を見てしまいます。それを知ったマドモアゼルは、アンナに尋ねます。何が見えたのかを・・・・・・。

アンナはマドモアゼルの質問に答えますが、その答えは観客には聞こえません。そしてマドモアゼルは、最期に「疑いなさい」という言葉を部下に残し、自殺をしてしまいます。

! ネタバレ終了 !

以上が、マーターズのおおまかなストーリーです。
この作品でもっとも注目されているのは、そのラストです。つまり、以下の3点です。

・アンナは、マドモアゼルの質問になんと答えたのか。
・マドモアゼルは、なぜ自殺したのか
・「疑いなさい」とはどういう意味なのか

この疑問にはさまざまな考察がなされており、その考察は多くのサイトで公開されています。よく見かけるのは、以下の2つです。

解釈1:アンナが遺した最後の言葉は「死後の世界は素晴らしいものだった」といった内容だった。これが正解だとすれば、マドモアゼルが自殺した理由には納得がいきます。

死後の世界が素晴らしいなら、早くその世界に行きたいと思い、だから自殺した、という筋です。しかし、これだけでは「疑いなさい」という言葉には説明がつきません。この説は多く取り上げられているものの、「疑いなさい」の意味がわからないという理由から、同時に多くの批判を受けてもいるようです。

解釈2:アンナが最期に遺した言葉は「死後の世界は存在しない」といった内容だった。マドモアゼルが率いる一団は、死後の世界を探るという目的を持っていました。そんなマドモアゼルたちとしては、追い求めてきたものが「実は存在しないもの」だったという結末は絶望以外の何ものでもないでしょう。

だから自殺した、と考えれば一応のところは説明がつきます。また、「疑いなさい」というマドモアゼルの言葉も、「死後の世界がある」という前提を疑いなさい、と解釈することもできます。

ほかにも、いくつか――というより、観た人の数だけ――解釈はあるのでしょうが、死後の世界について否定的なことを言ったという説が、比較的に多くの支持を得ているようです。

ですが、僕にはもう少し別の見方があるのではないかと思います。もちろん、これもひとつの解釈に過ぎないわけですが、何かの参考になればと思います。

スプラッター映画 マーターズ 川剥ぎ (マドモアゼルの自殺に関する考察)

【既成概念からくる疑問】

解釈を2つ紹介しましたが、この2つはまるで噛み合いません。が、共通していることがあります。それは、「自殺することには、何か原因がある」という前提です。

どうして自殺したのか、という問いのもとをただせば、人間は理由もなく自殺するものではない、という前提に行き着きます。が、そもそも、この前提に誤りがあるのではないか、と疑ってみることもできます。つまり、人間は理由なく自殺することもありうる、ということです。

これは例えばの話ですが、上座部仏教においては、最終的な目標は涅槃だと言います。涅槃とは「ニルヴァーナ」が語源となった言葉で、「吹き消された状態」のことをいいます。何が「吹き消された」状態なのかというと、煩悩です。

仏教の基本理念は輪廻転生です。輪廻転生とは、生まれ変わりのことです。煩悩から解放されない限り、輪廻転生の輪からは開放されることができないとされています。言い方を変えると、煩悩から解放されない限り、〝生きていく上で感じる苦痛からは逃げられない〟ということになります。

これを軸にして考えるなら、自殺することではなくて、むしろ生きている理由が問われることになりはしないでしょうか。苦しみを感じるのに、どうして「生きる」のか、と・・・・・・。苦しみは感じたくないものですから、それを感じなければならない状態から抜け出すこと――つまり死ぬこと――の方が当たり前であり、生きていることの方がある意味で異常とも言えます。

ちなみに、たとえ死んだとしても、煩悩がある限りまた転生してしまうので意味がありません。本当の目的は死ぬことではなく、煩悩から開放されることにあります。煩悩から解放された状態を「解脱」と呼びます。

さらに言うなら、おそらくはその解脱も目的ではないのではないかと僕は思っています。煩悩から解放されてさっぱりした、そうしたらいつの間にか解脱していた――それが解脱に至る正しい道なのではないかと思っています。あくまで個人的な意見ですが・・・・・・。

ともかく、死ぬことに理由がある、意味がある、という前提を取り払ってしまえば、マドモアゼルが自殺した理由について悩む必要はなくなります。さらに「疑いなさい」という最後の言葉にも、とりあえず説明はつきます。

すでに書いたように、苦しみを感じるのになぜ生きるのか、生きることが当たり前になっていて、死ぬことが特別なことになっている、その前提が嘘なのではないか、それを疑いなさい、と言っていると解釈を加えることもできるのではないでしょうか。

その言葉の意味は、マドモアゼルか、もしくは製作者以外には知ることのできないことですが、僕はそのように感じました。では、この映画のタイトルはどうでしょう。マーターズ。はじめにも書いたように、マーターズとは殉教を意味します。

一般的には、信仰を貫くために命を犠牲にせざるを得なかった人と理解されていることとは思います。その解釈は宗教により、また個人によっても違うものでしょうが、仏教にも「みずから命を落とす」という行為が見られます。ただし「殉教」とは意味が異なります。が、参考になるのではないかと思ったので書いてみます。即身仏がそのひとつです。

もっとも即身仏は「信仰を貫くために命を犠牲にせざるを得なかった」というよりは「信仰の〝過程〟に死がある」といった方がいいかもしれません。さらに言うと、その場合の死は、人間としての死であって、即身仏となった僧侶は永遠の命を得ることになる、と考えられていたそうです。みずから望んで死ぬわけなので、この場合は「犠牲」とは言えません。

マドモアゼルがどういう考えの持ち主だったのかは知りません。が、そのような考えもあるとするなら、死を選んだ原因は(もし原因があるのなら、の話ですが)その原因は、必ずしも絶望的なものではなかったのではないか、と考えることもできます。

【もうひとつのマーターズ】

マーターズには、殉教者の他に、証人という意味があるのだそうです。その意味からも探ってみたいと思います。この場合の証人とは、称号のようなもので、認められなくては証人とは呼ばれません。

ではどんな人が「証人」と呼ばれるのでしょう。それは、死を選んだ動機に信仰があったと認められることや、その死によって、多くの人の信仰心を高める効果があることなどが、条件にあるのだそうです。それを踏まえて、では映画のマーターズにおける「証人」とはどんな人物なのか、と考えてみます。

まず、マドモアゼルらは、死後の世界を探求する一団でした。そうすると、死後の世界を語るために死を選べる人間が、「証人」と呼ぶにふさわしいと考えられます。

が、映画マーターズでは、皮剥ぎの犠牲になったアンナだけではなく、リュシーも、また他の多くの犠牲者も、「死を選んだ」わけではありません。強制的に死に追いやられていたわけです。だから証人たりえません。単なる「被害者」です。

多くの犠牲者が出た中で、唯一、みずから死を選んだ人物がいます。ほかでもないマドモアゼルがその人です。

アンナがマドモアゼルに何を語ったのかはわかりません。が、もし、映画のタイトルとなっている「マーターズ(証人)」という視点から見れば、マドモアゼルはみずからの率いる集団の中で、「証人」になるために死んだと考えることができます。

そして「証人」となるためには、マドモアゼルがみずから死を選び、その死が、信仰に基づいたものである必要があります。さらに正確にいうなら、信仰に基づいた死であったと〝みんなに思ってもらうこと〟が必要となってきます。

そのためにもっとも効果的なのが、「疑ってもらうこと」です。死後の世界について、自分がアンナから聞いたことをそのまま伝えるという手もありますが、そうすると、人にはそれぞれに考えがありますから、「それは違う」と反論されてしまいかねません。そうすると、反論した人物からは「証人」と見なされることができなくなります。

なので、あえて答えを伏せることで、つまり追求してもらうことで、「いずれは証人と認めてもらえる」という希望を永遠に残すことができます。

【まとめ】

ラストについて、さまざまな物議の残る「マーターズ」というスプラッター映画ですが、その解釈について、この記事では2つの答えを出してみました。ひとつは、人間は理由もなく自殺するものではない、という前提が誤りではないか、ということ。

もうひとつは、みずからが「マーターズ(証人)」として認められたかったために自殺したのではないか、ということ。

実際、どんな解釈なら、より多くの賛同を得られるのでしょうか。もちろん、引き目にみて、「正解なんて用意されていない」といった答えもあろうかと思います。みなさんはどんなふうに思いますか?­

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大学時代に現劇団の前身「スパースターノイローゼ」旗揚げ。 1989年劇団「営業二課」設立。 1997年松竹シナリオスクール卒業。 フェニックス掌編文学賞入賞。 2009年8月から2017年2月まで中央林間カルチャースタジオ演技講師に就任。 現在は映画脚本、舞台演出、脚本、ラジオドラマ制作、リーディング講師など精力的に活動中。 演技指導はマンツーマンを基本に行っている。 日本劇作家協会会員。 劇団営業二課主宰。 横須賀まなび館演技講師。

【ナイトメアファミリー誕生秘話はこちらから】